TOP > 社会 > 新型コロナ:新型コロナ、都の新たな指標とは? 都民に影響は?  :日本経済新聞

新型コロナ:新型コロナ、都の新たな指標とは? 都民に影響は?  :日本経済新聞

30コメント 2020-07-01 01:45  日本経済新聞

東京都は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための新たなモニタリングの運用を始める。7つの項目を用いて感染の広がりなどを監視する。感染の再拡大への予防措置が必要と判断した場合、外出自粛の協力など

ツイッターのコメント(30)

「『東京アラート』という言葉をつかって呼びかけることは、今後ない」?じゃぁ結局『東京アラート』ってなんだったのさ🤣笑
: 「東京アラートはどうなったの?新たなモニタリングができたことで、なくなったと考えていい。都の担当者も「『東京アラート』という言葉をつかって呼びかけることは、今後ない」」はぁ?バカにしている。
小池都政はコロナ対策をやってますよというポーズだけで、方向性を示しても何ら具体的で実効的な行動が見えてこない。戸惑うばかりです。「
よりあやふやに、行政がより恣意的に、都民(および通勤者)が自己で判断しづらくしただけよな。
実に日本の政治家らしいやり方でございますこと。
これじゃ再度の自粛要請なんて無視されると思うけど。
小池百合子は自分の選挙対策に
都の貯金95%を使い切り、
「再度感染拡大しても、あとは自己責任、
感染した方が悪い」と明言。
「日本会議正会員」小池百合子
「今回具体的な数値は設けていない」せいで、タダのポーズにしか見えないんですよね・・・
新型コロナ、東京都の新たな指標とは:
昨夜から断片的に聞こえてきた東京アラート改定のニュース。数値基準がなくなった、新たな7項目の中身は以前と同じ、「『東京アラート』という言葉をつかって呼びかけることは、今後ない」って...えーっと。あれは都知事のパフォーマンスでした!ってことですね。
東京アラート、なくなったのね笑。
従来の警戒情報「東京アラート」と何が違うのか整理しました。
また
無駄に時間と人と税金を費やして🤬豊洲市場の時と同じだ。
すでに補償する資金がなく、打つ手がなくなってる。
第二波に入りかけているし、厚労省のアプリを全員に入れさせるしかないのでは。
あとアプリに体温入力を必須にした方がいいのでは。
わかりにくいなあ、要するに知事の都合でどうこうするって事でいいですか?
東京アラートとは何だったのか… /
選挙前だし、経済ファースト?
いま東京には行けないな。
新対応案、ちと気になる。
とくに「搬送先の選定が困難だった件数」なんて指標にしたら、現場対応が後手後手になって逼迫する可能性があるのではないか。指標として適切なのか。
都民ファーストなんやろか?
伝わりやすいか疑問だな🤔

小池百合子知事「特定の数字だけをみてスイッチをオン・オフするということではなく、全体像をつかんでいかなければならない」
対人口比率がないので他県と比較できない(比較したら誤り)、7日間の平均は移動平均でないといけない、陽性率は計算式からコロナか否かの判別のみで感染拡大指標ではない。/
東京アラート、なくなっちゃったんだ。あの広告的なセンスは嫌いじゃなかったんだけどな。
何を今更(失笑)。最初からこれでよかったんですよ。懸念はあるが、トリアージで十分。大地震とか大災害級でしょ、この状況。
本当にただ記録のためのモニタリングだと意味ないなぁ。数字が、どうなると良い状態なのか、の指標のはずなんだけどな。。 / (日本経済新聞)
なんとか感染者数を少なく見せようとしているとしか思えない、やってる感はもうたくさんだ
「『東京アラート』という言葉をつかって呼びかけることは、今後ない」。全般分かりにくい印象。
基準を変えるとは?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR