日本のスパコン「富岳」、8年半ぶり世界一奪還  :日本経済新聞

スーパーコンピューターの計算速度を競う最新の世界ランキングが22日公表され、理化学研究所と富士通が開発した「富岳(ふがく)」が首位を獲得した。世界一は日本として8年半ぶりで、高速コンピューター開発を

ツイッターのコメント(805)

「とりあえずもう一番高いのでも買っておけばいいよ」というアリガタイお告げを頂いた~

1300億円・・・か~・・・🤪➰



注:冗談デス~💦
日本人の誇れる技術で今後の様々な予測もしてほしい。
「富岳は1秒間に41.5京回の計算性能」

日本のスパコン「富岳」、8年半ぶり世界一奪還: 日本経済新聞
米中競争に風穴と・・かっこいい!これから日本はもっとテクノロジー分野に資源を集中投資していいと思います。
日本のスパコン「富岳」8年半ぶり世界一奪還: 日本経済新聞
富岳の性能は京の計算能力の100倍。
2021年の運用開始予定が新型コロナウィルス対策で1年前倒しで運用開始されたそうです。
分子動力学ソフトウェアGENESISを使い2000種類の医薬品から治療薬を見つけるそうですね!
色々動き出しているようです。
今日のチケット争奪戦に富岳使えばよかったんじゃね?(違う)
「先端技術を巡って覇権争いを演じる米中は1~2年以内に毎秒100京回の計算をこなす次世代のスパコンを投入してくる見通しだ」
 
PR
PR