TOP > 政治・経済 > 国家安全法案「外国人にも適用」 香港の全人代常務委員  :日本経済新聞

国家安全法案「外国人にも適用」 香港の全人代常務委員  :日本経済新聞

【香港=木原雄士】中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)常務委員会委員の譚耀宗氏は22日、「香港国家安全維持法案」が外国人にも適用されるとの見方を示した。香港はアジアの金融・ビジネスセンター...

ツイッターのコメント(59)

「香港はアジアの金融・ビジネスセンターとして外資系企業が多数進出しており、運用面で世界的に懸念が高まる可能性が出てきた」/国家安全法「外国人も適用」香港の全人代常務委員(日経)
香港はアジアの金融・ビジネスセンターとして外資系企業が多数進出しており、運用面で世界的に懸念が高まる可能性が出てきた。
中国共産党は、香港としての香港を廃棄処分にしたようだ。

もう、香港は、香港ではなくなってしまう。単なる中国の一都市に成り下がってしまう😰
中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)常務委員会委員の譚耀宗氏は22日、「香港国家安全維持法案」が外国人にも適用されるとの見方を示した。香港はアジアの金融・ビジネスセンターとして外資系企業が多数進出しており運用面で世界的に懸念が高まる可能性が出てきた
M+(エムプラス)などの開館で香港がさらに現代美術のハブとなろうとしてるときに、これは大きな障害になりうる。とくに海外作家が作品を発表する際、表現の自由がどこまで守られるのか。
これは心配。

事実上香港ではビジネス出来なくなりますね。

金融取引はシンガポールと日本が中心になっていくのでしょうか。
香港が返還された時点から想定内。これで観光地としての香港の魅力も失うことになる。
他人事ではありません。

#香港デモ
これ完全に香港から逃げる企業続出なのでは。
台湾はこれをチャンスと捉えてるようだが。
アジアの金融センターを東京にするチャンスだ。源泉徴収税率を10%(H株並み)にするべき。
まじか・・・。
の全人代常務委員
早期成立を示唆
2020/6/22

22日 中国 全人代 常務委員会委員の譚耀宗氏
「香港国家安全維持法案」が外国人にも適用されるとの見方を示した
え〜😨

中国自身が香港を潰してるじゃん‼️
( ̄◇ ̄;)
え”え”え”!! もう香港いけないじゃん・・・
行ったことないけど・・
全国人民代表大会(全人代)常務委員会委員の譚耀宗氏は22日、「香港国家安全維持法案」が外国人にも適用されるとの見方を示した。
香港問題は、香港や中国大陸、台湾だけの問題ではない。我が国を含めて、香港に企業を進出させている国々全体の問題であり、国際的問題だ。中国の内政問題だと片づけてはならない。対岸の火事ではない。
「国籍や人種、経歴、職業に関係なく法律に違反することはできない」として、外国人にも適用されるとの見方を香港唯一の常務委の委員である譚耀宗氏は示した。かつ、現行罰則が寛大との意見を反映し、政権転覆などの重罪は刑罰が重くなる見通しと。
>中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)常務委員会委員の譚耀宗氏は22日、「香港国家安全維持法案」が外国人にも適用されるとの見方を示した。

マジかよ。アホか。
中国側からみたら至極当然なんでしょうね、中国ですからね、だって、中国ですもん。
中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)…

まずもって、「国会」には相当しません。いい加減このフェイク表現はやめたら?
香港終わったな。二度と出れない中国の更生施設、怖すぎ
>同法案には中国政府が管轄権を行使できる規定が盛り込まれる見通し。譚氏は「起訴や裁判が中国本土で行われる場合があり得る」と明言。香港で拘束した容疑者を本土に送り、裁判にかけるケースを示唆した発言だ。
いよいよ危うくなる、香港の国際金融センターとしての地位 --  中国本土で裁判示唆:日本経済新聞
香港はアジアの金融・ビジネスセンターとして外資系企業が多数進出しており、運用面で世界的に懸念が高まる可能性が出てきた。
面倒なことに…。

Reading:
なるほど。
外国人(アメリカやイギリス国籍の華人とか)が香港で民主主義活動しても秒速で拘束だな……
一国二制度消滅は磐石ね……
香港のビジネス縮小待ったなしでは?
香港にはもう一生行くことはないだろうな。

「香港国家安全維持法案」が外国人にも適用されるとの見方を示した。
ポスト香港として、シンガポールが最有力になるけど、東京も本気になれば金融都市になるだけの地力はありますから頑張ってほしいです。
国家安全法案は「外国人にも適用」

さよなら香港・・・🇭🇰
…これで香港は沈む (u_u)
中国本土で裁判示唆:朝刊1面から
香港だめかもね…
香港終わりやん。
これは香港を訪れる際の懸念になりますね。
これは、香港にいる外資系企業が逃げ出すね。
さて、受け入れ先はどこになるかな。。。

→  早期成立を示唆
あー…これは…予想以上にヤバそう…
いよいよ香港にアジア地区のヘッドクォーターを置くんはリスキーやな。。シンガポールの怪しい時差の意味がなくなる。あそこは本来日本-2時間の位置やけど、香港に対抗するために-1時間にしとる。国策として。

香港の全人代常務委員:日経
日本のビジネスは香港を離れた方が良い。
外国人にも適用されるとのこと。
ぱすぽーともってません。
香港が返還された1997年は、中国本土は発展途上、アジア金融センターとして外資を引き留めるため、一国二制度を標榜した。
2010年代に世界2位となった今、一国二制度と自由を叫ぶ香港は、ただ鬱陶しい存在になった。
「国家安全法案について『国籍や人種、経歴、職業に関係なく法律に違反することはできない』と述べ、誰もが例外なく適用されるとした」
「国家安全法案、外国人にも適用: 香港の全人代常務委員」
中共が倒れるまでもう香港には行かれねぇな。
HCBCの口座、どうしよう…。東京駅にあった気がするけど、あそこで閉じられるのかな…。
日経「はい、了解致しました。」
「イヤなら中国に来なければ良い」と言外に言っている。イヤイヤながらも行く人、とどまる人はそれなりにいると思う。
「…香港国家安全維持法…<で規定されることになる>非常に極端なケースだ<が、>…香港で拘束した容疑者を本土に送り、裁判にかけるケース<がある。>…」 規定の詳細を法律の成立後に見ないと評価が困難だが、外部勢力に踊らされた騒擾実行者達の自業自得ってやつだねえ。
全人代常務委メンバー:日本経済新聞 これでは、世界の金融コールセンターも終わりですね!
国家安全維持法は外国人にも適用。

 全人代常務委メンバー: 日本経済新聞
全人代常務委メンバー:日本経済新聞
国家安全法案「外国人も適用」 香港の常務委メンバー:
「国家安全法案、外国人にも適用」全人代常務委メンバー、早期成立を示唆:
以上
 

いま話題の記事

PR