TOP > 社会 > 新型コロナ:コロナでNPO苦境 活動ままならず、寄付金は減少  :日本経済新聞

新型コロナ:コロナでNPO苦境 活動ままならず、寄付金は減少  :日本経済新聞

新型コロナウイルス禍でNPO法人が危機に直面している。感染リスクを避けるために活動自体ままならず、資金源となる寄付金や事業収入も減少している。コロナの影響は社会全体に広がり、人々の生活に支障を生じさ...

ツイッターのコメント(11)

コロナの影響で、支援の必要性は高くなっていますが、企業や個人の寄付は減っていると思われます。
CSR担当の皆さんの感触はどうでしょうか...?
直近の経営も、少し先の不安もある。この状況下で広げた支えるひとたちの状況改善前に、その支えを切らさない継続性も。とても難しい。
今や必要不可欠なのに😢
瀬戸内こえびネットワークの為についにオレ自ら動き出すか。寄付金や事業収入の減少は想像も及ばないだろう数字だ。だが問題が。救済するのは簡単なのだが、そもそもオレが理事どころか会員でも無いことだ。
NPOの状況を新聞で伝えてくださいました。
お友達、でんつー、ぱそなに流れるお金で
NPOを救う事が出来る
ひとり親世帯を救う事が出来る
沢山の命を救う事が出来る

何してんの🎌
お友達へお金をあげる為に税金を払っている訳じゃないのよ
一旦整理した方がいいんだよね(´・ω・`)
 活動ままならず、寄付金は減少  :日本経済新聞
NPO法人にとって寄付収入は事業存続の生命線。助けられる命がそこにある限り繋いでいきましょう。支援の輪を
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR