TOP > 政治・経済 > 新型コロナ:タクシーで飲食宅配、コロナ特例の恒久化検討 国交省  :日本経済新聞

新型コロナ:タクシーで飲食宅配、コロナ特例の恒久化検討 国交省  :日本経済新聞

43コメント 2020-06-13 19:32  日本経済新聞

■タクシーが運ぶのは原則旅客、コロナで特例■4月21日に開始後、1カ月半で1500社が参入■価格の範囲や日用品を含めるかなどが課題

ツイッターのコメント(43)

信用的にはまだ「タクシー宅配 > Uber EATS」だよなあ <
Uberは認めない。でもタクシー業界が宅配の仕事に参入するのはOK。というのは不公平。
タクシーはサービスの評判が悪いと言われているのなら競争にさらしてサービス改善を図るのもひとつの手ではないでしょうか。もちろん、Uber側もきちんと規制をもうけた上で。
あ!ウルフギャングステーキハウスの青山店て、アクアヴィットがあったところなんだ。(そこ?)
追認オブ追認、まぁ地方なんかだとありがたいかもしれんな。
流石に都会のタクシー事情しかわからんのでアレやが。
タクシーが「モノ」を運べるようになったら、色々な問題が解決するかもね(・ω・)
恒久化なら、「能率的な経営の下における適正な原価に適正な利潤を加えたものを超えないものであること」で配達料金設定ヨロシク。
赤字ダメですよ(@。@)

国土交通省は特例を恒久化する検討を始めた。

タクシーの飲食品配送、特例恒久化を検討:
電力とかタクシーとか
免許皆伝
みんな大好き💓♥️❤️何でもあり
そんなイメージ
「巣ごもり消費」の拡大で、飲食店の宅配を代行する出前館や といったサービスも広がっている。ただ「地方ではまだ新サービスは広がっておらずタクシーによる宅配の需要は大きい」。6月5日までに1500社が参入し、台数では4万3000台と全国の約2割にのぼった。
タクシーの飲食品配送、特例恒久化を検討:
高齢者にはいつものタクシー会社に運んでもらえると嬉しいのでは。過疎地のスーパー不足への需要も出てきそう。これに免許返上と組み合わせたら、おもしろい事が起きそうだ。
寡占につながるという理由から商圏分断や規制していた事業も少なくないだろう。その線引きを根本からやり直す流れに賛成。副作用をミニマム化する配慮も忘れずに… / (日本経済新聞)
国交省は当初5月13日までの予定だった特例期間をすでに9月末まで延長することを決めた。さらに期限を設けない恒久化への移行に向け、価格や配送できるものの範囲などの検討を進める。
タクシーのウーバー化。
タクシーの飲食品配送、特例恒久化を検討  :総合1面から
タクシーニュースです。
配送料高くないかな?こんなもんなのかな?

> 配送料は1件につき3300円と安くはないが開始後10日間で約1200万円を売り上げた。
これは地方ほどメリットがありそうなのでぜひ進めていただきたいと思います。
田舎ではタクシーが、高齢者の買い物の足であったり病院への足であったりと、インフラ化してると思います。 / (日本経済新聞)
タクシーの飲食品配送、特例恒久化を検討:飲食品配送には6月5日までに全国で1500社が参入し、台数では4万3000台と全国の約2割に
タクシーは本来、「乗客」しか運べないが、国が9月末まで「飲食品」の配送を暫定的に認めている。

今後は配送料金にルールを設けるか、日用品も対象とするのか、などの課題検討を慎重に進めていく。
「飲食品配送には6月5日までに全国で1500社が参入し4万3000台と全国の約2割に・・国交省は9月末まで延長することを決め期限を設けない恒久化への移行に向け価格や配送できるものの範囲など検討」・・地方にも広がりと
ウーバーとの競争が続く。勝てるのかね。
宅配するのがフリーランスよりも安心感ありますよね。高くても使われる
これはGoodだと思う。特に高級宅配やパーティー用とかなると、現状のデリシステムでは限界があるし、安心。Uberと同様のオペレーションテクが使えればベスト。
タクシー会社には【朗報】なのかな?
斬新だと感じたけど、ウーバーイーツ等の宅配業者がまだまだ拡大できるって事でもあるのか。
そうなると事業としては厳しい料金体制なんだな
コロナで分かったこと→世の中には、政府が「生活保護的機能」を認めて手入れしている職業が存在する
高齢者などの買い物難民対策にもならないかな?
高級ステーキハウスのウルフギャング🐺配達料1件3300円と安くはないが、開始10日間で1200万円を売り上げた🍽
前に新型肺炎の影響でタクシー業界が苦戦→期間限定の特例措置で『物』を運べるようになり、栃木県・下野市で飲食店のデリバリーなど書いたが(連結つぶやき)、特例から恒久化の検討に動いているらしい。
過疎地など地方だけかもしれないけど実現したら、薬剤配送で地元業者とタッグを組んでもいいのでは

【日本経済新聞】
ウーバーイーツみたいなものか。あれだけウーバー目の敵にしてた癖に
ウーバーイーツよりもはるかに安心感がある。飲食以外にも活用を広げられる可能性が高いし、緊急時のモビリティサービスとしても即転用できるし。

何よりもすでにタクシーは全国各地に定着しているのだから、すぐに活用を広げられる利点もある。
わるいことばかりじゃなかった。
日経新聞の最新のニュースです、
日経新聞の最新のニュースです、
88888888888888888888888
じゃあ、ライドシェアも解禁しなさい。
いつまでも制度有りきの鎖国をしてるから海外にプラットフォームを持っていかれとる。
タクシー会社が次のGAFAになったら...
そりゃそやろ!
配送料は1件につき3300円?むむっ。。
恒久化してもニーズがそのうちなくなると思うが:
タクシーによる飲食宅配、恒久化を検討 コロナ特例で1500社参入:
ウーバー、、、
タクシーによる飲食宅配、恒久化を検討コロナ特例で1500社参入(日経新聞)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR