TOP > 社会 > 新型コロナ:大阪府、山中教授らと連携へ 新型コロナの検査拡充  :日本経済新聞

新型コロナ:大阪府、山中教授らと連携へ 新型コロナの検査拡充  :日本経済新聞

11コメント 2020-06-10 20:49  日本経済新聞

大阪府は10日、新型コロナウイルスの検査体制を拡充するため、山中伸弥教授が所長を務める京都大iPS細胞研究所などと連携協定を結ぶと発表した。検査件数の増加に向けた取り組みや、新型コロナの感染歴をみる

ツイッターのコメント(11)

新型コロナの検査拡充
京都市長は何してる?
山中教授の同意は貰ってるの?まさか一方的な発表じゃないですよね?
山中教授の口封じに成功か?
コロナウィルスワクチンはいつできる?
@suzukinaomichi 北海道も続きましょう!
北海道には北大がある!
これはこれで良いんだけどね、「大阪医学」とか言ってたのはどこ行った?
府は感染拡大の「第2波」に備え、感染しているかどうかを調べるPCR検査の能力を1日最大約1400件から約3500件にまで増やす計画を立てている。連携協定にはほかに京大の付属病院、大阪市立大も加わる。
吉村さんは本当に大阪府民に安心を与え続けるよね☀️good job👍
思ったより深い意味があるのかも…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR