TOP > 社会 > 新型コロナ:在宅ワーカー、事務作業代行 コロナ禍で利用広がる  :日本経済新聞

新型コロナ:在宅ワーカー、事務作業代行 コロナ禍で利用広がる  :日本経済新聞

新型コロナウイルスの感染予防を目的に、従来はオフィスで行われた事務作業を在宅のクラウドワーカーが代行するサービスの需要が高まっている。政府の緊急事態宣言解除後も在宅勤務を続ける企業が多いなか、経理や...

ツイッターのコメント(18)

事務作業全般のアウトソース化は人、機械で総動員/ コロナ禍で利用広がる
もはや電話応対の仕事は在宅で働く主婦で外注する時代...

もう電話応対の仕事、社員がやらなくてええやん!!!
まあそうよな。連結決算も外注できると思うわ。管理系の事務は紙を無くす過程で相当効率化・定型化されるし。
新興勢が経理や人事労務受託 コロナ禍、電子化追い風に:朝刊企業面から
フォンデスクいいっすよね。
こうやって単価も下がっていくんやろな。
事務とか経理とかもう社内にいらへんやろ
あんまり社内で共感を得られないけど、融通がきくだけの激遅激高の内製経理か融通きかないけど早くて安い外注経理か、サービスの受け手が冷静に見てることを自覚しないといけない

特にただのパンチャーみたいな経理は。

在宅ワーカー、事務作業代行: 日本経済新聞
新興勢が経理や人事労務受託
コロナ禍、電子化追い風に

新型コロナウイルスの感染予防を目的に、従来はオフィスで行われた事務作業を在宅のクラウドワーカーが代行するサービスの需要が高まっている。
「オフィスで行うのが当たり前だった業務を見直す動きは続きそうだ。」
コロナ禍で利用広がる:

経理や人事労務、電話の受付などを企業の社員に代わって担う。

企業の事務業務を請け負うBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の市場は人手不足や働き方改革を追い風に拡大。
ストーリーとしてはこういうことよね

>今回多くの人が在宅勤務を経験したことで、クラウドワーカーに業務を依頼する心理的なハードルが下がるとの見方もある。
日経さんにキャスター取り上げていただきました。

"人事労務や秘書など企業の管理業務を代行するキャスターでは新型コロナの感染が広がった3月と4月に問い合わせ件数が年初に比べて4割増えた。"

サービス導入いただいたリクルートさんの声も紹介いただいています。
"顧客企業から経費精算や請求書発行、決算書の作成などを受託するメリービズ(中略)の5月の売上高は1月から25%増えたという"

短期でここまで伸びてるのは驚異的ですね。
事務代行は大企業にも定着しそう

 コロナ禍で利用広がる:日本経済新聞
日経新聞にご掲載いただきました!CASTER BIZを通じ、リモートワーカーに業務をご依頼いただいていることについて取り上げていただいてます☺️
日経新聞にキャスターが取材されました😊

オンラインアシスタントサービス へのお問い合わせが増えています✨
代表の中川(@nakasy000)とクライアントであるリクルート様のコメントをご掲載いただいています。
コロナ禍で利用広がる:日本経済新聞
コロナ禍で利用広がる
以上
 

いま話題のニュース

PR