TOP > 科学・学問 > 最古最大のマヤ遺跡か 祭事に利用?日本人ら発見 (写真=共同) :日本経済新聞

最古最大のマヤ遺跡か 祭事に利用?日本人ら発見 (写真=共同) :日本経済新聞

メキシコ東部の熱帯雨林で、紀元前1000年ごろに建築されたとみられるマヤ文明最古で最大の建造物を発見したと、猪俣健・米アリゾナ大教授を団長とする茨城大などの国際調査団が3日付英科学誌ネイチャーに発表...

ツイッターのコメント(25)

20200604_日経_

うぉーっ!何かわからんけど凄い!紙の新聞だとモノクロだけど、電子版だとカラーだったのでより凄くなった。

いつか東京都とかもこうなっちゃうのかな…
激アツ…
またメキシコ行きたくなっちゃったじゃん、見たい…
日本オワタ
ッつぅTweetはムカつくし
 日本凄ぇ
ッつぅTweetも・・・なぁ(^-^;
ただ・・・
日本人は俯かなくても良いと思うのね
胸張って生きていきましょうや(笑)(^-^;
紀元前1000年とか
ワクワクが止まらんw
日本人ら発見: 日本経済新聞

延べ1千万人以上の労働力が必要だったと推定した。これだけの規模にもかかわらず、支配者の存在を示す痕跡はなく、身分差のない人々が協力して造ったらしい。

そんなことがあるのかな?
日本人ら発見
日本人ら発見:スゴイ❗️
こういうニュース、何かワクワクする。
これはすごい!NHKの番組で見ましたが、このチームは現地でずっと調査されているようでしたもんね。レーザー照射は日本でも城郭の形が分かったりしていますし、これからも驚きの発見を期待したいです。
アジアの伴が旅路の祉跡か// 長さ1.4㎢  「文明初期に大きな建造物が造られていたのは驚きで、マヤ文明の起源に迫る成果だ」 マヤ王朝が確立後の西暦250~950年に、平面的な構造が特徴という。大規模な建築を共同作業で造り、集団の結束を高める役割?
>調査チームの青山和夫・茨城大教授は「文明初期に大きな建造物が造られていたのは驚きで、マヤ文明の起源に迫る成果だ」と話している…👍
長さ1.4キロ 日本人ら発見


「アグアダ・フェニックス遺跡」と名付けられたらしい。
マヤ王朝が確立後の西暦250~950年に、王の権力を誇示するために高く建てられたピラミッドとは異なり、平面的な構造が特徴
定住生活が始まって間もない時期、大規模な建築を共同作業で造り、集団の結束を高める役割
「延べ1千万人以上の労働力が必要だったと推定した。これだけの規模にもかかわらず、支配者の存在を示す痕跡はなく、身分差のない人々が協力して造ったらしい」

ほんまかいな
航空機によるレーザー測量→
メキシコ 長さ1.4キロの建造物 祭事に利用? 日本人ら調査団が発見:朝刊社会面から
最古・最大のマヤ遺跡発見。紀元前1000年ってすごい。観光的にはピラミッドのほうが派手ですが、考古学的にはこちらが興味深い。
コロナ騒ぎ落ち着いたら南米に飛びたい。

航空レーザ計測の威力ってのはこういうところだよね!
祭事に利用?日本人ら発見
以上
 

いま話題のニュース

PR