TOP > 国際 > G7サミット延期、9月以降に トランプ氏意向 (写真=AP) :日本経済新聞

G7サミット延期、9月以降に トランプ氏意向 (写真=AP) :日本経済新聞

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は30日、6月下旬にワシントンでの開催をめざしていた主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)を9月に延期する意向を明らかにした。ロシアと韓国、オーストラリア、イン...

ツイッターのコメント(25)

トランプ米大統領はG7が時代遅れだとして、ロシアや韓国、豪州、インドも加えたG11結成に言及しました。インドネシアは南シナ海やマラッカ海峡に近く、地政学的に重要なはずですが、トランプ氏の念頭になかったようです。国際政治での存在感の薄さが響いた可能性もあります。
なぜ🇷🇺を入れる気になったのだろう?
トランプ氏意向 ロシアなど招待検討 :朝刊1面から
ボ:G7サミット9月に延期の模様です

ツ:トランプ大統領、「G7は時代遅れ」とし、ロシア、韓国等の招待も検討中だそうです

ボ:時代遅れは否めませんね。このご時世にリモート会議もできないんですから

ツ:そういう遅れ方じゃないよ
いつやるのか。今ではないな。
トランプ氏はG7の枠組みについて「世界を適切に代表しているとは思えない。時代遅れの集まりだ」と述べ、枠組みの拡大が必要との認識を示した。
G7サミット延期、9月以降にトランプ氏意向 :日本経済新聞
トランプテレカンしなよって思ったけど会食が大事なんだろうなこの手のミーティングは
9月延期だって、しかもロシア、韓国、オーストラリア、インドの招待も計画していると表明し、G10、G11になるかもって。ネトウヨ涙目

 トランプ氏意向: 日本経済新聞
🐯、G7の枠組みは時代遅れ揶揄するが背景にはNew World Orderか🤭

🐯は6月下旬にワシントンでの開催をめざしていたG7サミットを9月に延期する意向を明らかに。ロシアと韓国、オーストラリア、インドの招待も計画していると表明し「G10、G11になるかもしれない」と述べた。
G7がG10かG11になるかも知れないって!
明らかに韓国への踏み絵‼️
さすがトランプ♠️
サミット延期か、9月とは随分伸ばしたな。
リモートでやれば良いのに。
ロシアを入れたがっている部分が重要なのか ?
どう見ても中国包囲網作ろうとしているようにしか見えない。
「ロシアと韓国、オーストラリア、インドの招待も計画し(中略)G10、G11になるかも」

今度のサミットは、冷戦以後の米国一極構造の終焉と多極化構造再開のきっかけとなるかもしれない。日本はいよいよ米国依存体制からの脱却という課題に直面せざるを得なくなる。
【5月31日 注目ニュース】
 トランプ氏意向


6月下旬開催を目指していたG7サミットが延期に。
大統領選に向けたアピールの場となるのか、場合によっては11月3日の米大統領選の後になる可能性も。
@arimoto_kaori ロシアが参加すれば、完全な対中共包囲網になる。政府に理念なき八方美人外交をやめて欲しいと願うなら、欠陥憲法により国と国民を守れない状態を変えるべき。国民が、憲法を改正する意志を見せなければ、政治家は、寝たふりをするしかない。9条改正と緊急事態条項の加憲を!
まあ、韓国では、この話に大喜びだろうが、これは、意図は明らかだな。対支那包囲網の形成だな。とくに、オーストラリアはともかくロシア、韓国と支那に近い国。ほっとくとそちらに行ってしまう国の抱き込みと縛りをかける気だな。
と思ったらこっちのほうが大きなニュースでした。
Trumpゴリラの本音 ≪Shinzoが来たがってるから、取り敢えず延期だ。9月も同じなら米国はG7も離脱する≫ 。
ヨーロッパ中心になってんじゃなくて、お前が勝手に孤立してるだけ
オブライエン大統領補佐官は「各国首脳はテレビ会議ではなく、直接会いたいと考えている」と言ってたけど、蓋を開けてみると・・だったのかな。ドイツ抜きじゃいくら対面開催できても、コロナ打開・経済再開アピールに水を差しかねないから、延期という判断になったのかな。
トランプ「G7サミット9月以降に延期」
安倍晋三「はい分かりました、ワンワン」
安倍晋三「どうしよう、疑惑から逃げることができなくなった」
そろそろお腹が痛くなる時かな!!!
「G10、G11になるかもしれない」とトランプ氏。G7のうち4カ国が欧州というのは、経済力などから考えて不自然。G10などにして、欧州以外のプレゼンスを高めるのはいいことでしょう --
とりあえず来月やるという愚は回避されたのね。|
トランプ氏意向: 日本経済新聞
G7サミット延期、9月にも トランプ氏意向(日経)

ロシアと韓国、オーストラリア、インドの招待も計画していると表明し「G10、G11になるかもしれない」と述べた。
ーーG7の枠組みを巡る議論が再燃。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR