TOP > 政治・経済 > SBI、金融庁と急接近? OB登用相次ぐ  :日本経済新聞

SBI、金融庁と急接近? OB登用相次ぐ  :日本経済新聞

将来的に全国10行以上と資本・業務提携すると公言するSBIホールディングス(HD)。「地銀連合構想」が大言壮語ではないと信ぴょう性を持ち始めたのは、金融庁と急接近しているからだ。同庁OBを次々にスカ...

ツイッターのコメント(50)

ほんま面白い国やで笑
地方シフトが進めばええけど、、

コロナでどう変わっていくか、楽しみやな。 / (日本経済新聞)
仕事のやり方が的確だわ!
さすが北尾氏。
北尾さん、コツコツと地固めしてますね( ̄▽ ̄)
初めて買った株が、SBIホールディングスなので動向はチエックしてます。
終わりの始まり。 /
同構想を推進する事務局長に、地銀を監督する銀行第2課元課長の長谷川靖氏を招く人事を固めた。
SBI。がんばってます。期待しかございません。IYRK
急速な事業拡大の為には天下りを受け入れてコネを作るしかないという嫌な構図
日経新聞のこういう政治的な記事は面白い。
本邦には金融庁に褒められると重大な法令違反を犯すジンクスがあります
寝技も大事ですからね
ただ、金融庁の事情にどこまでSBIが譲歩するかな🤔
北尾帝国の時代きてんね
「長谷川氏は金融庁で審議官まで務めた。同じ元審議官の乙部辰良氏(現SBIインシュアランスグループ会長兼社長)を16年にスカウトしたのを皮切りに、17年に元長官の五味広文氏(現SBIHDアドバイザリー)、18年に元総括審議官の小野尚氏(現SBI生命保険社長)を招き、4人目」
金融庁も頭痛の種である「限界地銀」に手を伸ばすSBIの存在を認知せざるを得なくなってきた

😇😇😇
え?SBIとりそな、スルガ買おうとしてたの?やっぱMoneyTap界隈怖いな〜
今後の動向が興味深い。
SBIの北尾さん、「地銀連合構想」とデカいこと言ってるけど、金融庁OB集めをしているということは、これといった具体策は特に無いのか?

北尾さんも来年70歳だから、これに乗っかるのはどうかなあと思う。
「地銀連合構想」に金融庁OB登用
ビジネス重視のSBIから見ると、金融庁は煙たい存在のはずだ。4人には"金融処分庁"と揶揄(やゆ)されるほど行政処分を連発した時代の幹部も含まれる。それでも金融庁OBを迎え入れるSBIの思惑は何か。
👉
「限界地銀」がSBIの力で復活したら
第4のメガバンクみたいになるのかな。
SBIの動きから目が離せませんね
「 OB登用相次ぐ」 
>限界地銀を見過ごせない金融庁は苦境に陥った時、資本支援に動いてくれるスポンサーとして頼りにし始めた。一方、SBIは地銀の支持を集めるため、国の賛同を得たいという思いがありそうだ
〈SBI〉地銀連合!
第四のメガバンク?
金融庁と急接近?
SBIはちゃんと当局とコミュニケーション取ってるイメージある。戦略的というか。
地銀の株買ってくれるしOBもいるし程よい存在なんだろうか
(引用)
証券取引等監視委員会が執拗にSBIを監視していた
戦国時代さながらの動き
いずれ足元すくわれそう
同庁OBを次々にスカウトし、「地銀連合構想」を推進する事務局長に、地銀を監督する銀行第2課元課長の長谷川靖氏を招く人事を固めた。
地銀は強固な村社会で、一部の警戒を解くとともに、政府系や大手金融機関などの協力を得るには、時にSBIを前面に出さない方が良いと感じた可能性がある。
激しくじぃーーーー→
天下り……
限界集落に訪れた救世主に官庁が仕立て上げようとしているのか?
既にさじを投げているのか・・・・?
すごいな
SBI地銀ホールディングスへ着々…
SBIがゲームチェンジャーになるんじゃないかとワクワク。

将来的に全国10行以上と資本・業務提携すると公言するSBIホールディングス。

金融庁OBを次々にスカウトし、同構想を推進する事務局長に、地銀を監督する銀行第2課元課長の長谷川靖氏を招く人事を固めた。
将来的に全国10行以上と資本・業務提携すると公言するSBIホールディングス(HD)。「地銀連合構想」が大言壮語ではないと信ぴょう性を持ち始めたのは、金融庁と急接近しているからだ。
同庁OBを次々にスカウトし、同構想を推進する事務局長に、地銀を監督する銀行第2課元課長の長谷川靖氏を招く人事を固めた。
金融庁と距離を縮めるSBI証券

ネット証券最大手の本気度が伺えます😳
「同構想を推進する事務局長に、地銀を監督する銀行第2課元課長の長谷川靖氏を招く人事を固めた」昨年10月あたりの東洋経済にヤバめ地銀のランキングとかあったので図書館などで見ておくといいかもです
同庁OBを次々にスカウトし、同構想を推進する事務局長に、地銀を監督する銀行第2課元課長の長谷川靖氏を招く人事を固めた

なるほどね
「地銀連合構想」が大言壮語ではないと信ぴょう性を持ち始めたのは、金融庁と急接近しているからだ。
日経新聞の最新のニュースです、
日経新聞の最新のニュースです、
88888888888888888888888 SBI、金融庁と急接近?
以上
 

いま話題のニュース

PR