TOP > 社会 > 新型コロナ:正規と非正規の待遇差、新型コロナで顕在化  :日本経済新聞

新型コロナ:正規と非正規の待遇差、新型コロナで顕在化  :日本経済新聞

11コメント 2020-05-29 06:58  日本経済新聞

企業が新型コロナウイルスに対応した働き方を模索するなか、4月から適用が始まった正規と非正規の労働者の待遇差を解消する「同一労働同一賃金」に抵触しかねない例が相次いでいる。非正規にのみにテレワークや時

ツイッターのコメント(11)

正規と非正規の待遇差、新型コロナで顕在化
「同一労働同一賃金」に逆行も
新型コロナ:正規と非正規の待遇差、新型コロナで顕在化
正社員はテレワーク
派遣社員はシフトで出社するか来ないなら欠勤扱い。給料は支払われない

経営者は非正規に意識が向かないことが多いが、雇用維持や安全配慮は全ての労働者を同じように考えるべきだ
新型コロナ:正規と非正規の待遇差、新型コロナで顕在化。
非正規雇用が一斉に辞められちゃえばスカッとしそう。暴論だけど。
世の中、大した影響なく回るものかな。
ただコロナ禍で賃金以外の問題が顕在化している。自宅でできる仕事なのに非正規にだけ在宅勤務を認めない、正社員にだけ自宅にいる子供の面倒を見るための特別な休暇を与える、正社員は店で働かせて非正規は無給の自宅待機――など、様々な待遇差が生じている。
正規と非正規の待遇差、新型コロナで顕在化
同一労働同一賃金に抵触する可能性がある例が多発している。
6月にはパワハラ防止法が大企業で適用される。
新しいことには常にアンテナを張り巡らせていないと、知らなかったではすまされない。
#これからの働き方
「さすがに日経もこの問題を看過しえなくなったか」と思いきや、読んでみたら企業のリスクとイメージ悪化の話がしっかり盛り込まれていて、やはり日経だった。 ~
新型コロナ:正規と非正規の待遇差、新型コロナで顕在化: 日本経済新聞
「非正規にのみにテレワークや時差通勤を認めない例もある。企業への罰則はないが、従業員から訴えられる可能性もある」。
いくら政府が派遣と社員の差を無くそうとしても、今回のコロナで「しょせん派遣は派遣」ってことが嫌でも証明された気がする。

てか同一労働同一賃金なんて忘れてるんじゃないかい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR