TOP > 社会 > 新型コロナ:日本生命、8年ぶり減配へ 運用難、長寿化の恩恵相殺  :日本経済新聞

新型コロナ:日本生命、8年ぶり減配へ 運用難、長寿化の恩恵相殺  :日本経済新聞

10コメント 2020-05-20 16:36  日本経済新聞

日本生命保険は2019年度決算で、8年ぶりに契約者向けの配当を減らす。対象は個人保険など約1000万人の契約者で、減配額は総額の1割にあたる200億円程度。長寿化による死亡者の減少を背景に、これまで

ツイッターのコメント(10)

新型コロナ: 運用難、長寿化の恩恵相殺: 日本経済新聞 既に株主総会は大荒れの様相。これから厳しい経済不況待ったなし。政府は無能。公務員は減収なし。東日本大震災で給料カットしたの忘れてますよね?自民党。国会議員はボーナス貰える意味不明。
日生も金利のさらなる低下の影響で、収益が悪化して減配のようだ。アクチュアリーは、2000年代の生保の連鎖倒産は逆ザヤ金利によることを理解しよう。生保数理の受講で理解を深めよう。

 運用難、長寿化の恩恵相殺:日本経済新聞
コロナには対処できたのに、経済では自滅している。
担当大臣や親中派が議員の中に多いからだ。
ロックアウトは効果が無い。
タダ撒かれてるだけだ。
目を覚ませ!

 運用難、長寿化の恩恵相殺:日本経済新聞
日経新聞の最新のニュースです、
日経新聞の最新のニュースです、
88888888888888888888888 運用難、長寿化の恩恵相殺
こういったところにも影響が出てきているが、有配当型生命保険は個人的にはあまり好きではない。生命保険に配当有りを求めてよかったのは百歩譲って大昔の話で、今から入る人にはおすすめはしない。
新型コロナ: コロナで運用難に拍車: 日本経済新聞

減らしたらダメだろ😡
いつまで低金利は続くだろうか🙄

 コロナで運用難に拍車:日本経済新聞
最大手の減配と言う決断は業界全体に広がりスタンダードになっていくだろう。
真子の金融系の業界だけではなく様々な領域で商社にとっては不利益になる変化が発生してくるだろうしますます経済は停滞していくのではないか。
コロナで運用難に拍車:日本経済新聞
日本生命、8年ぶり減配へコロナで運用難に拍車(日経新聞)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR