TOP > 政治・経済 > 米ウォルマート、ネット販売74%増 コロナ禍で宅配需要 (写真=AP) :日本経済新聞

米ウォルマート、ネット販売74%増 コロナ禍で宅配需要 (写真=AP) :日本経済新聞

【ニューヨーク=野村優子】米小売り最大手ウォルマートが19日発表した2020年2~4月期決算は、純利益が前年同期比4%増の39億9000万ドル(約4270億円)だった。新型コロナウイルス関連費用とし...

ツイッターのコメント(23)

コロナ禍で宅配需要
20年2~4月期
米ウォルマートは新型コロナの影響下の中
宅配サービスを強化
2-4月期決算 純利益前年同期比4%増



これだけ大所帯の企業でありながら
宅配を拡充させるスピード感はすばらしい

やはり変化できる者が生き残っていく世界

#宅配 #新型コロナ #緊急事態宣言
まいど!! シェアがあれば真似事 後塵でも勝算あり 松下電器のマネシタデンキを彷彿させる現象ですな☆彡
コロナ禍で宅配需要: 日本経済新聞

ダグ・マクミロンCEO「政府の給付金が支給されてから消費意欲が急速に高まり、幅広い商品が売れるようになった」

消費を建て直したければ、日本も直ちに の財政出動を❗
アメリカでもミシン売れてる→
アメリカの小売りはすぐ隣にバカでかい倉庫もあるのでこういうことが出来ますね。一方日本のスーパーは横に倉庫はないので在庫持たないことが正義。なので商社が発達したんですよね。就活生なら知っておいた方がいい。
店舗受け取りなどのO2Oサービスは利用率高いけど、いまだ使ったことなくて、断然家に届けてもらいたい。
ネット通販の浸透進捗状況と政府からの給付金のスピードが、ニッポンと違うということか…売上増はともかく、新規雇用を増やしているのはニッポンから見ると想像もつかない
”ネットで商品を売る”ってもう当たり前になりつつあるよね
売上74%増で利益4%増って費用対効果って単純にどうなんだろう。
ピンチをチャンスに変えた米のウォルマート。

ピンチに宅配サービスを強化して、売り上げを伸ばしに伸ばしまくった。

ピンチをチャンスに変えられる企業って、企業活動の目的である利益を上げ続けることが可能。

さらに、
新たな雇用を創出する観点で社会貢献している。
3月中旬以降に23万5000人を新規雇用。従業員への臨時ボーナスもかさみ、新型コロナ関連費用として9億ドルを計上した。21年1月期通期の業績予想は、新型コロナの影響で先行きが不透明だとして取り下げた。
>米小売り最大手ウォルマートが19日発表した20年2~4月期決算は、純利益が前年同期比4%増の39億9000万ドル(約4270億円)だった。宅配需要の急増が業績を押し上げた。ネット通販の売上高は74%増と、過去最高の伸びを記録。全体の売上高は9%増の1336億ドルだった
結構なことですが今度は配達が急所になってきておりそれは日本も同様。特に現在は配達員の方のストレスがやばいらしいです
コロナ禍で宅配需要
過去数年間のIT投資の蓄積も大きい気がしますね /
イオンはどうした?
やれるとすればセブンしかないのでは。。。
近隣スーパーからの二時間以内の宅配サービス。日本ではあまり一般的じゃないけど、アメリカでも中国でもやってるのよね。
まとめ買い、高齢者も多い市場だし、需要あると思うんだけど、どうなんだろ。
コロナ"うず"になってるよ l コロナ渦で宅配需要: 日本経済新聞
アメリカ経済はわかりやすいなー
以上
 

いま話題のニュース

PR