TOP > 社会 > 新型コロナ:外出緩和、世界各地で 飲食や観光なお制約 (写真=AP) :日本経済新聞

新型コロナ:外出緩和、世界各地で 飲食や観光なお制約 (写真=AP) :日本経済新聞

世界の各国・地域が新型コロナウイルスの外出制限を相次いで緩和し、経済再開へと動き始めた。ただ、感染の第2波を防ぐため人と距離を置く「社会的距離」が徹底され、飲食や観光、娯楽など経済活動にはなお多くの制...

ツイッターのコメント(14)

欧州では

外出緩和→店舗再開→飲食店再開

の順番に徐々に緩和する策。第二波がいつ欧州で起こり、いつ日本に到達するか?
外出緩和の必要性は分かる。
ただ、感染第2波が一定規模で来るリスクシナリオにも上場各社は備えているのかな。
迅速な動きで良質なリスクマネジメントをアピールする良い機会だと思うけれど、、
社会的距離を徹底だそうで。日本の満員電車は未だダメですわな。
世界の各国・地域が新型コロナウイルスの外出制限を相次いで緩和し、経済再開へと動き始めた。日本もコロナ減ってきているけど緊急事態宣言解除なっても直ぐに経済回復しなさそうよね。恐るべしコロナウィルス。
飲食や観光なお制約 英、製造や建設 仏は40万社・店舗:総合2面から
・新規感染者が一定数増えると
制限を再び強化するなど決めている国もある

・一部業種や距離に制約はあり

新型コロナ: 飲食や観光なお制約: 日本経済新聞
本当に大丈夫なのだろうか?

欧州の感染規模は日本と比じゃないので、また一気に拡大しそうな気がして仕方がない。日本も緊急事態だけど、欧州は最適解が見えにくい。
欧米など世界各地でロックダウンを緩和する動きが出ています。経済再開という意味では歓迎です。ただ経済「全開」とはいきません。ソーシャルディスタンスを守る以上、対人のサービス業は苦境が続きます。
パリでむっちゃマスクしてるやん。
驚きやわ‼️
徐々に緩和していくのが良いと思う。
各国の規制緩和の紹介。アメリカテスラはなかなか工場の再開ができない。
韓国での再発やドイツでの感染者増なども起きているけど
出口の議論ができるようになってきたことは素直に喜びたい。
#新型コロナ
外出自粛が緩和されても、社会的距離の確保は継続しなければならず観光、乗物、飲食、スポーツ観戦など幅広い分野で影響は続きそう…
世界各地で外出緩和 飲食や観光、なお制約:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR