TOP > 政治・経済 > 新型コロナ:米アマゾン売上高26%増 1~3月、新型コロナで需要増  :日本経済新聞

新型コロナ:米アマゾン売上高26%増 1~3月、新型コロナで需要増  :日本経済新聞

【シリコンバレー=奥平和行】米アマゾン・ドット・コムが30日に発表した2020年1~3月期決算は、売上高が前年同期比26%増の754億5200万ドル(約8兆900億円)だった。新型コロナウイルスの感...

ツイッターのコメント(27)

2020年四半期で売上26%増加。
754億5200万ドル!約8兆円!
世界中にプライム会員1億5000万人!
プライム会費だけでも7000億円以上。
コロナ騒動でも、アマゾンもAWSも売上は増加!無敵アマゾン!
最近、ネットショップでの購入量が凄い状況になってる
節約せねば
売上増加ながら、純利益は物流費などの経費増加が響き、前年同期比29%減。

たしかに、この混乱を避けるためと思われるが、本やなどの日雑以外のものが結構注文できなくなっている。 / (日本経済新聞)
売上高は1~3月期に過去最高を更新。一方、1株利益は未達で、昨日30日の時間外取引で株価5%超下落。
従業員の感染防止策を尽くす。
「2020年1~3月期決算は、売上高が前年同期比26%増の754億5200万ドル(約8兆900億円)だった」

改めて見ると、すごい金額ですね・・・😲
商品の発送用にガムテープを買おうと思ったら、在庫切れが多数ありました。ネット通販が活況を呈しているのも要因のひとつかもしれません。
物販もAWSも伸び伸び… /
>主力のネット通販に加えて利幅の大きいクラウドコンピューティング事業が伸び、四半期の売上高が初めて100億ドルを超えた。
時間外で下落になったけど、市場の期待値が明らかに高すぎよ。
~時間外取引で5%超下落。売上高が市場予想を上回る一方で1株利益は未達に反応
米アマゾン売上高前年1~3月比26%増、新型コロナで需要増

コロナの影響で、各国で外出できない状況が続き、Eコマース事業が伸びてますね。

今回の自粛によって、ネットの便利さに改めて気づいた面もあり、また新たな利用者もいると思うので、引き続き好調を維持しそう。
配送関連第2幕
増収減益とは意外。コストが嵩んだか。
売上は過去最高だったけど
~3月
新型コロナで需要増
:
今月のダウやナスダックにどう影響するか。
減益ってのが気になる。
AMZN 時間後取引 2,366.00 −108.00 (4.37%)
アマゾンもマイクロソフトも新型コロナウイルスの影響の上振れ幅が想定したよりないね。
売上高が市場予想を上回る一方で1株利益は未達となり、30日の米株式市場の時間外取引で株価は一時、同日終値より5%超下落した。
ネット通販が絶好調のようにみえるけど、経費大幅増で純利益は逆に昨対29%減。売上750億円のうち100億円超を占めるAWS事業が利益を出してる。
元々ECはAmazon Primeのサブスクリプションで稼ぐのが中心のモデルだからEC事業の伸長は短期的には利益率の要因になるわけかな。最近はAWSの伸びの方が利益に直結している感がある。
Amazonはさすがです!
私は楽天です。
以上
 

いま話題のニュース

PR