新型コロナ:政府の脱「対面・押印」 規制改革会議が省庁と議論へ  :日本経済新聞

政府の規制改革推進会議は28日、行政手続きなどで必要な対面や押印といった慣行の簡素化について議論を始めた。新型コロナウイルス感染症に対応する緊急経済対策に盛り込んだ助成金や給付金を窓口に並ばなくても

ツイッターのコメント(10)

競争相手不在の公共分野に思わぬ競合、外部環境が出現した格好。国民にとってもメリットあるし、先行している業種のノウハウを官民挙げて横展開。抵抗勢力が仕方ないと思っているうちに一気呵成に。抵抗勢力にも思いやりと再起の場を。政治に求められるのはそこだわね。
この会議よく注視したら面白いかも。
規制改革会議が省庁と議論へ

マイナンバーカードがあっても、総務省『マイナポータル』はかなり機種制限があり、申請利用出来ない場合がある。
これを機に、一気にIT化を進めて欲しい!
行政のスピード化は必須‼️🚅

新型コロナ: 規制改革会議が省庁と議論へ: 日本経済新聞
これは是非やり遂げましょう。
行政の手続きや民間の契約では「対面・紙・ハンコ」の文化が根強く残る。緊急経済対策で設けた給付措置では、素早い資金支援や「人との接触8割減」に向けた取り組みを妨げる要因に。
これは民間同士よりも行政機関が変われば早いです
捺印文化にサヨナラしましょうよ
日本の夜明けは近いぜよ
日経
規制改革会議が省庁と議論へ
以上
 
PR
PR