TOP > 社会 > 働き盛りの男性2人がサラリーマン卒業を決意した理由  :日本経済新聞

働き盛りの男性2人がサラリーマン卒業を決意した理由  :日本経済新聞

30コメント 2020-05-04 07:24  日本経済新聞

株式投資などで十分な資産を築いて会社を辞め、自由な生き方を手に入れる――。米国のミレニアル世代を中心に支持を集めている「FIRE(Financial Independence, Retire Earl

ツイッターのコメント(30)

こういうの読むとFIREをしたい若者はお金のために就職した人たちが多いのかなぁと思う。(私はFIREに憧れないから彼らの感覚が分からない)

最初からお金に関係なく本当に自分がやりたい仕事をしてる人は、あまり憧れないんじゃないかなぁ。
アーリー•リタイアが流行ってきていますね。定年まで働く世の中の崩壊。

だからこそ、「今苦労すればいつか…」なんていう方程式は無くなる。

誰もがライフとワークを問い直す時代。
@yasaiiii13 労働は手段、戦略的にお金自動発生マシーンを作り出せばFIREも夢じゃない
働き盛りの男性2人がサラリーマン卒業を決意した理由
アーリー・リタイア成功への道(上)
三菱サラリーマンさんの言う「今自分が金銭を投じようとしている対象は、FIを達成する時期を遅らせてまで欲しいものか」は常に念頭においておきたい。これをわかった上で、もちろんたまには贅沢したりする。
働き盛りの男性2人がサラリーマン卒業を決意した理由_アーリー・リタイア成功への道(上)(2020/05/04):
涌井さんと三菱さん 日経で特集組まれてるんやー

どう読むかですね。
金銭は、自由な時間を得るための切符だと考えています。「今自分が金銭を投じようとしている対象は、FIを達成する時期を遅らせてまで欲しいものか」を常に自問していました。結果的に、自分が価値を感じるものにのみ金銭を投じることにつながりました
夢のFI.結構地味。
マーケット担当の時、よく目にしたブロガーが取り上げられている。
お、三菱サラリーマンさん改め「穂高唯希さん」になってる。本名かと思いきやハンドルネームなんですね

2名の倹約・工夫っぷりと入金っぷりはいつ見ても勉強になる_φ(・_・
凄まじいけちけちぶりだ。( ̄▽ ̄;)、これにくれくれが加われば最強( ・`д・´)
あー自分もとっとと隠居したい /
セミリタイアトライアル中(育休中)に今後のライフプランを考えてみるきっかけになりました。
日経にFIREの記事が!

サラリーマン卒業は誰しもが憧れること。

ちなみに僕は新卒で大企業に入社した1日目に労働からの卒業を決意しました。
働き方改革からの「副業」容認の流れ。コロナ不況で収入減となれば「復業」を選らばざるを得なくなるのでは。
投資もコツコツ続ける事が大事なんですね。継続の成果が大きい事が分かりました。
株で短期で儲けることが難しいと思っている今日この頃。穂高さんのように利益率が高く、株主還元が強い株にコツコツ投資することが現実的な気がしました。
6000万円ある人もクレカ会報買取1冊5円の価値を大切にされている…!
一事が万事、チリも積もればということか。
私も頑張ろう🔥
GWはkyash申請とワラウポイ活開始!
ウェル活デビュー目指そう。
三菱リーマンさん、29歳で7000万って改めて凄いな

「今自分が金銭を投じようとしている対象は、FIを達成する時期を遅らせてまで欲しいものか」を常に自問していました。

ここ凄い共感できた。
頑張ろ。
ケチは財を成す
三菱サラリーマンさん登場
この二人に限らず、仕事しながら投資で成功した人って、収入のほとんどを投資にあててるんですよね。自分にはできない。性格の違いだな。

🟥おけいどん、日経新聞電子版5/4号に掲載されました。
どこまで生活費を減らせるかを試す
──収入の大半を投資に回すのは大変ではなかったですか。
アーリー・リタイア成功への道(上)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR