TOP > 社会 > コロナ禍、ネット接客広がる裾野 不動産やアパレル  :日本経済新聞

コロナ禍、ネット接客広がる裾野 不動産やアパレル  :日本経済新聞

新型コロナウイルスのまん延をうけ、不動産やアパレルがインターネットを活用した接客や販売に乗り出している。三菱地所は仮想現実(VR)を、TSIホールディングスはスマートフォンの対話アプリを使う。外出自...

ツイッターのコメント(11)

三菱地所はVR内覧 TSIは対話アプリ活用
”チャットボット(自動応答システム)などネット接客システムの市場規模は2023年度に109億円と19年度(推計)の2倍超に拡大すると予測”
→現状50億弱の市場

広がる裾野: 日本経済新聞
このあたりの集客〜購買行動の戦略策定+システム関連まで支援出来るコンサルは伸びそうだな。売り方変わる。

広がる裾野:日本経済新聞
不動産やアパレル:日本経済新聞 三菱地所は仮想現実(VR)を、TSIホールディングスはスマートフォンの対話アプリを使う。
接触をさけるため、ネット接客の普及。顧客側のメリットとして場所問わず営業から話を聞ける。この利便性より商談リード数は増加すると思います。
この流れ止まらないだろうな。
SOSもいま一度盛り上がってくる気がする。
広がる裾野:日本経済新聞
おはようございます😃

ついにネット接客のサービスが到来してきましたね‼️

TSIさん、箕面船場でも是非一緒に取り組んで欲しい所です👌

  :日本経済新聞
いい流れ
 不動産やアパレル:日本経済新聞
不動産やアパレル: 日本経済新聞
以上
 

いま話題の記事

PR