トヨタ・ホンダ・日産…コロナで広がる「CASE格差」  :日本経済新聞

トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車など日本の完成車メーカー7社の経営を新型コロナウイルスが揺さぶっている。ゴールドマン・サックス証券は13日、7社の2021年3月期の業績予想を下方修正した。工場の稼働

ツイッターのコメント(11)

トヨタ・ホンダ・日産…コロナで広がる「CASE格差」:日本経済新聞

手元資金で会社の元気加減がよく分かるし、三菱が悲惨なのもよく分かる記事だな、、こわ・・・。
研究開発費がグーグルは年2兆円超でトヨタの約2倍あり危うい的な内容あるが、これは総額でありCASEに絞ると、調べた感じ

グーグル 約3800億円 累計
トヨタ 約5000億円/年

位の様なのでむしろトヨタ絶対負けたらあかんわ

トヨタ・ホンダ・日産…コロナで広がる「CASE格差」
「各社が自動運転、電動化といった次世代の「CASE」投資でしのぎを削っていること..ライバルである米..グーグル)は円換算で年間2兆円超の研究開発費..これはトヨタの約2倍..コロナで広がる「CASE格差」は、こうしたグローバルな業界再編をさらに加速させそうだ」
自動運転投資を縮小せざるを得ない
トヨタ・ホンダ・日産…コロナで広がる「CASE格差」:日本経済新聞

現役時代はCAD使ってLSIの設計してたわけで、今思えばリモートワークに最適な職種だったのかも。(^^;
コロナの影響で本来10年かかるであろう業界再編が数年単位のスピード感に変わる。
日系だとホンダ、日産の動向に注目である。
また、トヨタが覇権を盤石にすべく、上記どちらかにアプローチする可能性もあり、目が離せない。
コロナのためにCASE投資のスピードを緩めざるを得ないようなら、次世代車の主導権をめぐる競争から脱落しかねない/トヨタ・ホンダ・日産…コロナで広がる「CASE格差」:日本経済新聞
日本の報道では日産の苦境は全てゴーンの過去の施策が原因であるかのように書かれることが多いが、世界の見方は真逆だ。日産がゴーンを追い出した後に日産の業績はどんどん悪化している。もうゴーンのせいにするのは無理。⇒トヨタ・ホンダ・日産…コロナで広がる「CASE格差」
ホンダの動きが気になる
トヨタ・ホンダ・日産…コロナで広がる「CASE格差」: 日本経済新聞
えっとですねぇ。私がお勧めのニュースをお伝えしますねぇ。

【トヨタ、ホンダ、日産…コロナで広がる「CASE格差」】


すんごいですねぇ。驚いちゃいましたねぇ
トヨタ、ホンダ、日産…コロナで広がる「CASE格差」
以上
 
PR
PR