TOP > 社会 > 新型コロナが逆風の商社、人材発掘・育成は脱日本型で  :日本経済新聞

新型コロナが逆風の商社、人材発掘・育成は脱日本型で  :日本経済新聞

総合商社が「商社マン」からの脱皮を急いでいる。外国人登用、日本人スペシャリスト育成、女性活躍の3つを人事政策の柱に掲げる。新型コロナウイルス問題で商社のビジネスも大きな影響を受けるなか、様々な立場の社...

ツイッターのコメント(11)

意思決定プロセスは外資系の方が日本企業よりイケてると言われがちだけど、外資系は「その他多数」みたいな括りだから千差万別。日本以上に嫉妬と根回しの場もある。色んな文化に配慮してると疲れるから、面倒臭くなって正面突破して失敗したり。
海外採用人材の登用とか他国への駐在は今に始まった事じゃないと思うが、より促進していきましょうって流れなんですかね。
商社業における特性や能力としての「ダイバーシティ」と、セクシャリティとしての「ダイバーシティ」を最近まで混同していました😇
ワイはLGBT採用か?と思ってたけど、全く関係ねえな😎
@MK47594806 新型コロナが逆風の商社、人材発掘・育成は脱日本型で:日本経済新聞

こちらです!
商社不要論は高まっています。何でもいいから自分の存在意義を示さなければ商社マンは居場所を失います。
三井物産、伊藤忠商事、丸紅の減損と、人事の方針について

新型コロナが逆風の商社、人材発掘・育成は脱日本型で:日本経済新聞
しばらく逆風ではなかろうか。90年代後半とか商社なんて死んでたしね。調子に乗ってた会社は潰れたり救済されたりしましたね。
新型コロナが逆風の商社、人材発掘・育成は脱日本型で  :日本経済新聞
これからの管理職には異文化を受け入れて取り入れる器の大きさが必要になります。保守的で同族意識が高いと価値観の変化に対応出来なくなると思う。精進しよう。
ま、頑張ってね
新型コロナが逆風の商社、人材発掘・育成は脱日本型で
新型コロナが逆風の商社、人材発掘・育成は脱日本型で:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

PR