TOP > 社会 > スカイツリー展望台、10億分の4秒速く 東大など観測  :日本経済新聞

スカイツリー展望台、10億分の4秒速く 東大など観測  :日本経済新聞

76コメント 登録日時:2020-04-07 00:11 | 日本経済新聞キャッシュ

高さ450メートルの東京スカイツリー展望台の時間は地上よりも1日に10億分の4秒(4ナノ秒)速く進んでいることを、超精密時計「光格子時計」の観測で確かめたとする論文を、香取秀俊東京大教授(量子エレク...

ツイッターのコメント(76)

これこの前見たネット記事なんだけど、

高さ450メートルの東京スカイツリー展望台の時間は地上よりも1日に10億分の4秒(4ナノ秒)速く進んでいることが分かった。重力が大きいと時間の進み方はゆっくりになるという、アインシュタインの一般相対性理論を実証する内容。
今思ったんだけど、うちのラボで使っているレーザーパルスはフェムト秒オーダーなので、10億分の1秒より遥かにパルス幅短いんだけどこれって影響受けるのかな。相対論全然詳しくないのでわからない.....
20200407_日経_スカイツリー展望台 地上より10億分の4秒速く

この日いちばんのニュース。時間の進み方は場所(高さ)によって違うという日常生活からは遠くかけ離れた「常識」。長生きしたくば地下に住めばいい、とは思わないことですけど。
高さ450メートルの東京スカイツリー展望台の時間は地上よりも1日に10億分の4秒(4ナノ秒)速く進んでいることを、超精密時計「光格子時計」の観測で確かめたとする論文を、香取秀俊東京大教授(量子エレクトロニクス)らが6日付ネイチャーフォトニクス電子版で発表した。
>展望台の時計では1週間平均で1日当たり4ナノ秒速く進んでおり、ごくわずかな重力の違いによる影響を確かめた。
すごい✨✨
カッコいい
時間とくうかんは伸び縮みする( ̄▽ ̄;)

あんしゅたいんさんの名言・・・
誰かのために生きることにのみ、生きる価値がある。

みんなで、のりこえましょう(* ̄∇ ̄)ノ
10億分の4秒・・・(^^;)
みんな, 東京スカイツリーに登ると早く老けるって知ってる? ↓日経記事。ただし「重力が大きいと時間の進み方はゆっくり」はちょっと間違ってるよね。重力の大きさじゃなくて重力のポテンシャルエネルギーだよね(資源の物理テキストの104ページ)。
タワマンの高層階住みは老けるの早いんか?知らんけど
(スカイツリーに登った)僕たちは(たぶん)10億分の1秒の未来に生きている。
スカイツリーのぼるやん、時間少し早く進むやん、降りるやん、時間は地上に戻るやん、少し早く進んだ分の時間はどこに行くの?(相対性理論苦手)
電波時計の誤差は10万年に1秒とか言われていて、どうやって測ってんの?と思ってたけど、光格子時計の誤差は160億年に1秒と言うのは何で分かるのか謎深まった💦スカイツリーの展望台では1日に地上より10億分の4秒早く進むらしい。これもいろいろ謎。
スゴい!
10億分の4秒未来に生きられるのか!!
高いところに住んでいると寿命が縮む説。
@JoyBored
原子時計の仕組みと言うか、
これはストロンチウムの振動数を数えてるみたいですね。
地球の重力の影響が大きい地上と、高いところ(スカイツリー)にあるので比べてるみたいですが。
一般相対性理論 /
ここで、明るい話題を一つ。

日本の身近な建物を使って相対性理論の実証実験が成功したニュース。

相対性理論は過去すでに証明はされていて、GPSなんかもこの理論に基づいている。

さらに、実は未来行き限定のタイムマシンは「宇宙に行くこと」ですでに実現してしている。
Dr. Stoneとかで取り上げられそうな話題。
ホントの時間ガチ勢やん
すごいわくわくしてきた!w

いや、ワイ、何もわかってないんだろうけどw←私立文系
スカイツリーの上で逢いましょう
わわわ。これから読む📰
楽しみすぎる
今流す必要のあるニュースか?
このくらいだと、特殊相対論による時間の伸びより一般相対論による時間の縮みの方が大きい/
あ、この記事ね。
一般相対性理論を実証するために、大型光子時計を小型化して設置したとか、すごい浪漫ある話だ……
高さ450メートルの東京スカイツリー展望台の時間は地上よりも1日に10億分の4秒(4ナノ秒)速く進んでいることを、超精密時計「光格子時計」の観測で確かめた。
タイムマシン作れる?
1日当たり4nS速く進むとの事。

1日の時間 東大など観測
: 日本経済新聞
10億秒(約31年)展望台で過ごしたら、地上の人より4秒未来にいけるってこと?
相対性理論ワールド。/
  1日の時間 東大など観測 :日本経済新聞
理論が目に見える形で観測できるようになってきたのか。

「重力が大きいと時間の進み方はゆっくりになるという、アインシュタインの一般相対性理論を実証する内容。」
つまり人工衛星なんかの周回軌道あたりで観測するともちょっと早くなるのかしら。誤差の範囲か。
ドラゴンボールのカリン塔。 ...
つまり登っておりてを繰り返すと未来に行ける(バカ)
スカイツリーで「時空の歪み」が発生している事を観測!
それを照明できる精度の時計を人類が開発してる事もすごい。
“1日当たり4ナノ秒”
「そんなん当たり前や」と思ったが、それを観測出来るくらい技術が追いついたってよく考えなくても凄いことだ。/
明るいニュース!
ヘェ〜〜〜(´⊙ω⊙`)
将来的に腕時計になったりしたら精密な現在位置が把握出来る様になるのか→
生まれてすぐの双子の兄弟のうち、弟の方が展望台に、兄の方が地上階に生き別れになると、やがて、権力を手に入れ民に圧政を敷く弟を、兄が兵を立ち上げ討ちに行くというストーリーですね、わかります。
おお・・・

スカイツリー展望台 、10億分の4秒速く
うわーすごい!世界を認識するときの解像度がまた上がった感じがする。
そろそろ僕も高いところに移り住んで重力の影響を少なくすれば体重が軽くなるという論文を発表するべきなのかもしれんな。ただの願望やけどな。
東大など観測...... 理論的には、当たり前だけどこ~なるよな😊やっぱ、実証できたのは凄いわ⏳
「高さ450メートルの東京スカイツリー展望台の時間は地上よりも1日に10億分の4秒(4ナノ秒)速く進んでいることを、超精密時計「光格子時計」の観測で確かめた」

すごい精度だね。。

/
あー、うんうんそういうことか(全然わからん😨)
これの行き着く先がいわゆるウラシマ効果で知識としてはあったけど、実際にそれが観測されたニュースを聞くとなんか違和感を覚えるのは自分が時間の概念を絶対のもので揺るがないと言う認識だからだろう。
高さ450メートルの東京スカイツリー展望台の時間は地上よりも1日に10億分の4秒速く進んでいる 

こういうのワクワクする。
時間の定義は2026年ごろにマイクロ波(Cs)から光(格子時計)に変更予定とのことなので、香取先生がノーベル賞をとるのもそのあたりか
これはアインシュタインの特殊相対性理論が実証されたという認識で宜しいか?

そういや放課後ミンコフスキーと言う漫画がありましたな。
最後どうなったか知らんが。
すごい。これが実証されると何に実用化されるの?
バーチャルおっぱい揉めるの?
レーザー冷却や、光周波数コムの活躍する分野だ❗
とにかく先生の名前がいい(←誰よりも頭悪そうな感想)。
アインシュタインの一般相対性理論🧐
高さ450メートルの東京スカイツリー展望台の時間は地上よりも1日に10億分の4秒(4ナノ秒)速く進んでいる:
香取秀俊東大教授らが超精密時計「光格子時計」の観測でアインシュタインの一般相対性理論を実証
リンクうまく貼れてない…
こちらの記事。
すごいこれ。面白そう
>高さ450メートルの東京スカイツリー展望台の時間は地上よりも1日に10億分の4秒(4ナノ秒)速く進んでいることを、超精密時計「光格子時計」の観測で確かめた

!?
スカイツリー程度の高さでも変わるの…
スカイツリーに登ると4ナノ秒だけ未来人になれると。
メイド・イン・アビスの浦島効果の設定はこんな感じの重力差から来てんのかな
スカイツリーの展望台は10億分の4秒下界よりも時間が先に進んでいるらしい
おおっ、きたか⁉️



「重力が大きいと時間の進み方はゆっくりになるという、アインシュタインの一般相対性理論を実証する内容」

香取先生「実用化にめどが立った」

安田研究グループ長「香取氏はノーベル賞に近づいた」
へええ。
題だけだと何言ってるのかわからなかったが、記事読んで納得。450mの高低差で時間の進み方に違いが出るとは。
まっマジでっ!!
眠かったけど一気に目がさめたわ。
スカイツリーに居たら老けちゃうのかっ?!
なんか、ステキ。
深夜に面白いニュースが入ってきました。こういうニュースを読むと、夜も眠れなくなるほど思考実験したくなる私です。不思議ですね。物理学の世界は。こんなご時世に、わくわくするニュースをありがとう(笑)
以上

記事本文: スカイツリー展望台、10億分の4秒速く 東大など観測  :日本経済新聞

いま話題の記事