オンライン診療、壁は厚労省 医師会へ配慮にじむ  :日本経済新聞

■院内感染から患者らを守る■規制緩和は限定的な範囲に■評判の良い病院に患者集中の恐れも

ツイッターのコメント(172)

何やったら毎日の体重・血圧・睡眠時間・歩行数とか全てのバイタルデータを近所のクリニックに提供して、月額◯◯◯円のサブスクでオンライン定期検診して欲しいわ。日本医師会クソやろ。
なんと。。

適正な競争が進むべき。
良い医者なら、距離に関係なく、患者を集められるのに。
患者の症状や重症度に応じて、病院同士が連携して送客し合えば良いのに。
オンラインだからこそ、他病院との連携もしやすいはずなのに。。
結果として地理的条件に守られた医院にとって、圧倒的な競争環境に置かれることとなる。症状、診断内容によって、医師の専門内容に応じた連携や、データを活用し分野を超えた横断的な診断はしやすくなるはず。
 医師会へ配慮にじむ:日本経済新聞
医師会がオンライン診療拒んでた理由これか‥

> 評判のよい病院に人気が集中し、淘汰が進むのを恐れていることも抵抗の裏側にある。
新型コロナ対策として超有効なのでは?
病院で他の患者や医師に感染させなくて済む
岩盤規制にも程がある

 医師会へ配慮にじむ: 日本経済新聞
財務省と厚労省は国民を殺す気でっか?

 医師会へ配慮にじむ: 日本経済新聞
日本医師会の政治力?

「今」必要なことを「今」やって欲しい。
今だけでも良いから。
壊れてからじゃあ後の祭りじゃない。
ほぼ全てオンライン診療にしたら良いのに。。。

 医師会へ配慮にじむ:日本経済新聞
何でもかんでも規制して、利権、癒着を守ることに必死なんですかね。現場を知らない輩が振りかざすパターナリズムは、迷惑以外の何物でもない。
いろんな壁に風穴が開こうとしている。。。  / 医師会へ配慮にじむ(日本経済新聞)
 
PR
PR