TOP > 政治・経済 > 株式市場「高速取引、注文停止で値幅拡大」  :日本経済新聞

株式市場「高速取引、注文停止で値幅拡大」  :日本経済新聞

新型コロナウイルスの感染が広がり株式市場で連日、激しい値動きが続く。日経平均株価の下げ幅はこの1カ月で最大6000円強。24日には約1200円上昇した。取引システムや投資行動に詳しい専門家に、科学や...

ツイッターのコメント(14)

NY市場も今週からそうでしたねぇ 電子取引
HFT業者、コロナでイチコロ。
AI化が人に害を及ぼす時代へ突入、まずは金融市場からでしたか。
ほんまかいな?それで儲かるなら高速取引いらんじゃん?>アノマリー(経験則)をもとに売買注文を出して利ざやを稼ぐ。パターン認識させるやり方が主流だ。>
と言うことは、下げ過ぎだよね(・∀・)
この写真の方、Bloombergのセミナーでご一緒したが、その時AIで株価予測のサービスをされてたのだが、そのサービスはどうなったのだろうか。経歴を拝見するに、AIで株価を予測しなくて良くなったのだろうか
だそうです。AI意外にお馬鹿。

株式市場「高速取引、注文停止で値幅拡大」: 日本経済新聞
高速取引、アルゴリズム、ネイキッドショートセリングあたりって必要なのだろうか(´・ω・`)
株式市場「高速取引、注文停止で値幅拡大」  :日本経済新聞
アルゴがリーマンを学習してないなら新型コロナとリーマン比較しても意味ないかも

株式市場「高速取引、注文停止で値幅拡大」  :日本経済新聞
◆日経平均の下げ幅はこの1カ月で最大6000円強、24日には約1200円上昇

➡︎「市場の『マーケットメーク』の役割を担うHFT(高速取引)業者が売買注文を止めた可能性が考えられる。HFT業者の売買注文が少なくなれば取引が成立しづらくなり薄商いで値幅が大きくなってしまう」
>あまりに長い期間の市場データをAIに学習させると問題が起こり、うまく機能しない

時代が違いすぎると参加者の構成比、振る舞いとか法律とか全然違っちゃうだろうからなあ
これ興味深い!

アルゴリズムが変わるのにあと1〜2週間ということは…
写真誰?

株式市場「高速取引、注文停止で値幅拡大」: 日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

PR