TOP > スポーツ > 東京五輪、海外で延期論強まる 選手や観客の安全懸念  :日本経済新聞

東京五輪、海外で延期論強まる 選手や観客の安全懸念  :日本経済新聞

21コメント 2020-03-21 17:39  日本経済新聞

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)やスポーツ団体から東京五輪・パラリンピックの開催延期を求める声が強まっている。選手、観戦する市民の健康や安全を守れるか

ツイッターのコメント(21)

後追いでしか検査させず、マトモに現実把握出来ていないのに、国はオリンピック選手に観客に責任持てないだろう。また、誰が責任者も分からない感染対策に信用などしない。口先だけの政治家達。
1年延期案なのだろうが来年covid-19が収束しているのだろうか?< 米国陸連や水泳連など:日本経済新聞
まだ延期すら決断できないようなIOCが中止を決断できるとは到底思えない。/五輪延期論、海外で強まる 米陸連など要請:
日常生活にも支障が出ている欧米を中心に、競技団体や国内オリンピック委員会から延期を求める声が相次いでいます。
早く決めようよ。
でもどこが最終判断するんだ

東京五輪、海外で延期論強まる:
18日に開かれた電話会議後に、各NOCからこうした声が上がってきたことは、何を意味するのか? /  選手や観客の安全懸念 (日本経済新聞)
米国陸連や水泳連など:米紙ワシントン・ポストは20日、東京五輪を「中止または延期すべきだ」とする社説を掲載。「IOCや日本の当局者が五輪を開催できるかのように振る舞うのは全く無責任だ」と批判 .
外堀埋められていくなぁ。
米国陸連や水泳連など:日本経済新聞
延期しないで開催することによるレピュテーションリスクの方が大きい状況。今、裏ではしっかり調整してるんだろうなぁと思う。特にスポンサー方面と。
ほぼ延期か中止に向けて関係者の皆さんで根回し中なんだろうなぁ…
今年はやめた方が良いだろうね。
日本じゃなくてIOCが決断すべきことだよね。
東京五輪、海外で延期論強まる: 分かりきった展開。バッハや森喜朗がのたうちまわる。アスリートファーストと言ってる政治家や運営側の本心は言うまでもなくマネーファースト
高々運動会の開催の是非が大問題になること自体違和感。こんなものを招致したこと自体が間違い。即刻白紙撤回するべきだ。損切に遅過ぎることはない。
選手や観客の安全懸念
IOCや組織委は、表向きどう言っていようと、水面下で「いつまでの開催延期」を「いつどのように発表するか」について調整しているのでは
選手や観客の安全懸念: 日本経済新聞
各国・地域のオリンピック委員会やスポーツ団体から東京五輪の開催延期を求める声が強まっている。健康や安全の懸念に加え、施設が閉鎖し練習できず平等な環境での実施が難しいとの指摘がある。

一方、東京都や大会組織委員会は予定通り7月の開催を求める姿勢を示している。
東京五輪、海外で延期論強まる:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR