TOP > 社会 > 生き残るために変わる 元ヤンキース・黒田の適応力  :日本経済新聞

生き残るために変わる 元ヤンキース・黒田の適応力  :日本経済新聞

どれだけのものを捨て、どれだけの変化を重ねたことか。メジャーという異郷で、日本人投手随一の安定感をみせた黒田博樹(広島-ドジャース-ヤンキース)の壮絶な戦いは、すべての前提と常識が崩れるコロナ時代の生...

ツイッターのコメント(24)

結局「結果を残すこと(目的)」が一番譲れないポイントだからこそ、
そこに繋がるなら直球勝負(手段)は捨てられるんだよなぁ。
「勝てなかったら評価されない。ならば、捨てるものは捨てなくては」
変化に柔軟だったからこそ、結果を出し続けることができたのだろう。イチローや大谷翔平然り、野球選手から学ぶことは本当に多い!!
日本とアメリカの野球の考え方、全然違う
日本選手、30代でアメリカにわたり順応
これも大変だな
実感できれば極めてフツーなんだけど、一体何が抵抗させるのか。
黒田さん、レジェンド。本当にかっこいい
先発投手の役割が大きく違っていた世界で、抜群の安定感を見せてくれた。偉大な投手の一人。
捨てるものは捨てなくては。
このシリーズは面白い。
パッと見、元ヤンキー/暴走族の処世術かとw
人生やサラリーマンにおいても参考になる話。
変化スピードがとてつもなく早くなっている中で、生き残るには自分を変えることができる人だけが生き残っていく。
変化する為には学び続けないといけない。
黒田さんはマウンドで投げる時、記者の質問に答える時、〝雰囲気〟のあった選手です。そのクールさは日米相通じるものだったと思います。:
別の価値観に触れて、その原理を知って再学習していく。すごいなー。
カッコ良すぎるんだよなぁ。

 元ヤンキース・黒田の適応力
『強い者🦖賢い者が生き残るのではない。変化できる者🎶が生き残るのだ』
フリーエージェントは無職。
イチローもプロになるということは心から楽しめなくなると言っていたもんな。
結果を残すのが良い投手。このコメントにつきますね。個人として取り組んだ結果、事業や組織の成長、定量定性の結果に真摯向き合いたい/
ここで生き残るためにどうするか? きれいな真っすぐを投げても勝てなかったら、投手としては評価されない。誰が見ても『いいボール』とわかっていても、勝てなかったら評価されない。ならば、捨てるものは捨てなくては
スポーツ選手の生き方、考え方は本当に参考になるし重みがある。
アメリカでは「必要なければ容赦なく切る」という雇用の考え方、日本の雇用はやっぱり守られてるんやなぁ。
今はそこに感謝しないと。
厳しい世界で結果を残すために、愚直に変わり続けることの大事さ。プロ選手だって、契約切られれば「無職」。なんか良い記事。

有料記事ですみません。。
♯考え方♯変革♯
生き残ってるから買われたと言えるんじゃないでしょうか。
『結果を残すのがいい投手』(トレーダー)。

「無職」⇒退場
以上
 

いま話題のニュース

PR