TOP > 社会 > AIの学習データを保護 特許庁、21年法改正めざす  :日本経済新聞

AIの学習データを保護 特許庁、21年法改正めざす  :日本経済新聞

37コメント 登録日時:2020-03-08 23:12 | 日本経済新聞キャッシュ

デジタル分野の知的財産を保護する仕組みが広がる。特許庁は人工知能(AI)や3Dプリンターに投入するデータ群で従来にない独自性の高いものについて、権利侵害があれば差し止められるようにする方針だ。特許法...

ツイッターのコメント(37)

AIは、何を、どう学習するか、なんじゃないかな。何を、は森羅万象。どう学習するかというエンジン側のほうが特許らしくないかな? /  特許庁、21年法改正めざす (日本経済新聞)
AIを取り巻く法律に変化が起きそうですね。

AIに関する事業開発・企画に関わる可能性のある方は必見です!
要件次第では転移学習向けの学習済みデータが捗りそう(上田育弘元弁理士的な意味で)
モデルはどうなるのかな〜
データ→アルゴリズム→モデルとなるけど、データとアルゴリズムの所有者が異なるってことが起こるから!
モデルに権利が発生しないなら当事者で議論しづらい
定義が次の論点か
データまで特許で保護する時代になるのか。悪くないと思いますが、過剰に保護しすぎるのも問題がありそうです。塩梅のいいところがあればいいのですが。
AIの学習用データセットの取扱いについて、特許法の改正を検討中とのこと。

これまで、「学習用データセット」は、データベース著作物に該当しないかや、不正競争防止法によって保護できないかが検討されており、今後、どのように整理されるのか気になるところです。
標準化という流れを考えれば、データ自体の保護が必要になるのかな。
諸外国はどんな状況なんだろう。
「3Dプリンターを例にとると、データの段階から保護しないと装置にデータを投入するだけで誰でも同じ製品を複製できてしまう」
守るべきものは守る、という方針を貫いて欲しいですね。
あまり筋のよい立法に見えない。情報収集して、指摘すべきはきちんと指摘したい。
注目。保護要件だけでなく、公示方法や権利範囲などにも目配りが必要ですね。>
今でも「データ構造」や「構造を有するデータ」「データ取得方法」「データ前処理方法」などは特許になるけど、「学習データ」自体も特許の対象になるようです。
“特許庁は人工知能(AI)や3Dプリンターに投入するデータ群で従来にない独自性の高いものについて、権利侵害があれば差し止められるようにする方針だ。特許法は「モノ」の保護が中心だったが、意味あるデータのまとまりを守る制度を整える。”

【 知財保護】
>特許庁はAI開発や3Dプリンターでの革新的な製造に欠かせないデータ群である「データセット」を差し止めが可能な対象に加える方針
どういうカタチになるにしろ、世界でハーモナイズしてくれないと、情報だけ公開して外国で自由に使用されてしまう。まさに敵塩になりかねない。今後の動向に注意していこう。
どうするのかな? ワクワク半分、クエスチョンマーク半分 》
・特許法は「モノ」の保護が中心だったが、意味あるデータのまとまりを守る制度を整える。

→データを特許で守ってあげるのはいいと思いますが、特許数で世界に遅れをとってしまっている分、日本企業あるいは官民で連携して記述を生み出す流れが必要だと思います。
AIの学習データと、3Dプリンタのデータセットは性質も異なるものなので、具体的にどの範囲を知財とするのかを確認したいところ。
「現行の特許法もコンピュータープログラムまでは保護している。特許庁はAI開発や3Dプリンターでの革新的な製造に欠かせないデータ群である『データセット』を対象に加える方針。『特徴ある方法で生み出したデータ』などを保護対象に含める方向で2021年の特許法改正をめざす」
>特許法は「モノ」の保護が中心だったが、意味あるデータのまとまりを守る制度を整える。
著作権法、不競法ではなく特許法でもデータを保護対象とするということでしょうか。
これは良い動き
「 特許庁、21年法改正めざす」日本経済新聞 一昨年著作権法に機械学習に投入するデータの権利制限が導入されたけれど,そういうデータの選別について特許法での保護を導入するということなのか?データベースの著作物は著作権法にあるけど。
先進的!> 「特徴ある方法で生み出したデータ」などを保護対象に含める方向
特許庁は人工知能(AI)や3Dプリンターに投入するデータ群で従来にない独自性の高いものについて、権利侵害があれば差し止められるようにする方針だ。
まぁ目指したい方向は分かる。

問題は方法論だけど、どうしたもんかねぇ
「特徴ある方法で生み出したデータ」などを保護対象に含める方向で、2021年の特許法改正をめざすとの記事
もし、運用を変更・明確化するのではなく、特許法を改正するのであれば、どのようなデータが発明とされるのか、理論的にも実務的にも目を離せない
学習用データセット、特許法で保護かぁ
2021年の法改正を目指す。
>特許庁は人工知能(AI)や3Dプリンターに投入するデータ群で従来にない独自性の高いものについて、権利侵害があれば差し止められるようにする方針
やりたいことは分かるけど。。。うーん🤔
是非CANPLAYで音楽学習データの作成方法をいち早く一緒に学びましょう。
新しい音楽コンテンツや著作物になるかもしれません。
テクノロジーでまだない未来の価値を生み出せます!
特許庁がAIの学習データを保護のため21年法改正めざす。「データセット」を差し止めが可能な対象に加える方針。
特許庁、21年法改正めざす (日本経済新聞)
以上

記事本文: AIの学習データを保護 特許庁、21年法改正めざす  :日本経済新聞

いま話題の記事