TOP > 政治・経済 > 日経平均、終値2万2000円割れ 4カ月半ぶり  :日本経済新聞

日経平均、終値2万2000円割れ 4カ月半ぶり  :日本経済新聞

20コメント 登録日時:2020-02-27 15:06 | 日本経済新聞キャッシュ

27日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落し、前日比477円96銭(2%)安の2万1948円23銭で取引を終えた。終値が2万2000円を下回るのは2019年10月11日以来、約4カ月半ぶり。新型コ...

ツイッターのコメント(20)

二万円を切る日も近いな。
このまま円高ならず円安方向なれば…まさかの最悪展開有り得るかもと非常に心配になってきました。

終わりが見通せないヤバさ😨
特効薬または季節性なければ、コロナは日本に蔓延すると個人的には予想
ビーストマスター以上に日本経済が非常時ですね。
皆様、まずは身近な感染予防をしましょう。
手洗いうがいマスクと体調管理。
地獄はこれからだ、(゚A゚;)ゴクリ
477円安の2万1948円 、4カ月半ぶり: 日本経済新聞
今日は、沢山買った。明日も沢山買いたい。。。ww
えっとですねぇ。私がお勧めのニュースをお伝えしますねぇ。

【 4カ月半ぶり】


すんごいですねぇ。驚いちゃいましたねぇ
まだまだ買い支えしてますね→
おかしいな、ダブルインバースがまだ含み損なのはなぜだろう。。
日経平均4.5ヵ月前の水準に戻ったのね。その4.5ヵ月で私の資産は増えてるから、投資としては成功。「元に戻っただけじゃねぇか」と強がってスタンスを変えてない人は思考停止をやめて戦略再考を/ 4カ月半ぶり
4ヶ月半前はこんなレンジだったんだね
いよいよヤバげ😅
20,000円が最終防衛ライン😅
底まで逝くか?😱
乱高下しない相場は操作されているから。

こんな時にも22.000有り得ない
引け乙です。
この3日間、出来高増えて下げてるけど、セリクラ感がまだないような…今晩の米国次第なとこあるけど、明日金曜やし、まだそこが見えない感じですかね…タスケテ
27日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落し、前日比477円96銭(2%)安の2万1948円23銭で取引を終えた。
前日比477円96銭(2%)安の2万1948円23銭で取引を終えた。終値が2万2000円を下回るのは2019年10月11日以来、約4カ月半ぶり。前週末21日からの4日間の日経平均の下げ幅は1500円を超えた。
( ´_ゝ`)リーマンショックの時、テレビの取材中に500万とかした主婦の映像が脳裏に蘇った…
ロング目線一択。
4カ月半ぶり
うはぁぁぁぁぁぁぁぁ
以上

記事本文: 日経平均、終値2万2000円割れ 4カ月半ぶり  :日本経済新聞

いま話題の記事