TOP > 社会 > 前田道路、配当大幅上げを取締役会提案 敵対的TOB対抗  :日本経済新聞

前田道路、配当大幅上げを取締役会提案 敵対的TOB対抗  :日本経済新聞

35コメント 登録日時:2020-02-20 08:51 | 日本経済新聞キャッシュ

■筆頭株主の前田建設によるTOB阻止を狙い530億円■配当実施で純資産を目減りさせ、買収意欲をそぐ■同グループ企業にこうした手法を用いるのは珍しい...

ツイッターのコメント(35)

前田道路の現預金は722億円。敵対的TOBへの対抗策としてそのほとんどを吐き出す策は画期的だ。財産が少なければ強盗に押し入られないだろうとの考え方に似ている。⇒前田道路、535億円の特別配当 敵対的TOB対抗で大幅上げ:
特別配当で純資産下げるとか株式に対する冒涜です。
経営の独立性を確保したいのであれば、自社株買いと比率が高くなってしまう前田建設から株式を買い取ればいいのではと思いますが・・・ / (日本経済新聞)
どこが防衛アドバイザーやってんのか知らないけど、どういう目論見なんだろ。これまで蓄積した剰余金をアクティビストを含む既存株主に大還元しても、前田建設からの再TOB懸念は払拭されないと思うんだけど。前田建設が余剰cashのみを目当てにしてることが明確ってこと?
こんなに配当できるならもっと前から配当してろ。

そしたら株価上がって買収できなくなるだろ。
前田道路、意外と現金いっぱい持ってる→
配当実施による資金の流出で純資産が減ることになり、前田建設によるTOBが撤回される可能性
» 「筆頭株主の前田建設工業から敵対的TOB(株式公開買い付け)を受けており、同案はその対抗策の位置づけ」
敵対的TOB対抗で大幅上げ:日本経済新聞
前田道路 総額530億円の大規模特別配当 実施発表 2020年3月期計画の配当総額(約85億円)の約6倍規模 筆頭株主の前田建設工業から敵対的TOB(株式公開買い付け)、同案はその対抗策の位置づけ
グループ内でこういった手法を使う事例は珍しい。と。しかし・・資金流出が狙いとは余力があるなあ。。。
なんでこのニュースで株価がっつり下げてるの?
@trade_beginner_ このニュースですかね?
前田道路、530億円配当を取締役会提案
配当して純資産を減らして価値を下げる...。TOBやめる条件の中に書いてあることをそのまま実行するって読めるけどそういうのもあるのか。 /
配当を受ける権利がもらえる基準日は3月6日に設定した。現在、2020年3月期に計画している配当総額(約85億円)の約6倍の規模になる。
子会社ではないのか…でも、金持ってるなら買っちまおうぜ!みたいなやり方はひでぇもんだ/
又兵衛よ何処へ…
これはまた凄いことしますね。つまり今まで投資せずに貯め込んだ使う当てのないキャッシュがそれだけあるということ。「使う当てがないキャッシュ」は日本中にあると思いますが何かに再投資してくれませんかね
やる気マンマンやな。
敵対的TOBの対抗にこれは珍しい戦略。はじめてみた。
あまりよく知らない会社だったので簡単に調べてみた。前田道路(1883: 東証1部)は前田建設の持分法適用会社(22.9%)。TOB提案者は前田総合インフラ(前田建設の100%子会社)。内輪揉め感がすごい。笑 続く→
いいねもりあがってきたね
同じ名前を背負ってて、筆頭株主なのに敵対心つよー
前田道路配当6倍って
もっと争え(´・ω・`)
TOBが嫌だから6倍の配当を出して資産を減らす?大丈夫かこの会社。
前田道路、此れか

総額530億円の大規模な特別配当案を実施する案を20日の取締役会に提案した事が分かった。20年3月期に計画している配当総額(約85億円)の6倍程度の規模になる。同社は筆頭株主の前田建設工業から敵対的TOBを受けており、同案はその対抗策の位置づけになる
1883前田道路、大幅安。日経新聞電子版で「 敵対的TOB対抗」との報道。前田建設によるTOB撤回懸念で・・。
~今回、計画する配当額は1株当たりベースだと、600円をゆうに超える見通しで従来計画(100円)を大きく上回る
すげえな。純資産の2割流出させて買収阻止させたいって。
強みである豊富なキャッシュというパワーワード。敵対的TOBの攻防も面白いけど。
「強みである豊富なキャッシュを減らし買収対象者としての魅力を落とす狙い」
前田道路、530億円配当を取締役会提案
前田道路、530億円配当を取締役会提案
以上

記事本文: 前田道路、配当大幅上げを取締役会提案 敵対的TOB対抗  :日本経済新聞

いま話題の記事