TOP > 科学・学問 > あなたの寿命こう延ばす 科学的根拠の効果じわり  :日本経済新聞

あなたの寿命こう延ばす 科学的根拠の効果じわり  :日本経済新聞

内閣府のウェブサイトに今も残っている。2008年11月、首相官邸で開いた経済財政諮問会議の議事録。与謝野馨経財相に締めくくりの発言を促され、議長の麻生太郎首相が口を開いた。「67、68歳になって同窓...

ツイッターのコメント(11)

エビデンスに基づいた議論と施策が大事、という話。
記事には出てこないけど、「疑似相関に惑わされない」とか、「時定数の存在に注意」とかいった知識も持った方がいいですよね。
設計は「あの考え方をここに持ってきたか」みたいな面白さがあるのだけど、データ解析は出た結果から「これどういう構造?」って結果をもたらした背景にある仕組みの考察が楽しい。
「●●の要因に××が関連する」って言い方は科学的にかなり微妙というか、まずいのでは…「認知症の前段階である軽度認知障害になる要因に、呼吸機能のほか男は視力や歯磨きの回数、女は配偶者の有無や鬱の傾向が関連する」> 科学的根拠の効果じわり
麻生氏に関しての記述は余分だし意図を疑う。科学的裏付けがあったとしても、あの横柄な態度、物言いでは、レッテルは決して剥がれない。

 科学的根拠の効果じわり  :日本経済新聞
おもしろかった。
健康寿命の延伸
何事も分析は大事です。
科学的根拠があればより確かなものとなります。
精進の結果、今も当人が健康であること自体が、何よりもインセンティブになっているんじゃねぇかい?
確かに口は悪いが麻生さんの言ってることは核心だ。入院している病室のご老人たちですら、そもそも治そうという気がない。未来永劫病院にいられて、看護師さんが身の回りの世話をしてくれるもんだと思ってる。
麻生氏は福田氏の後任になってしまったのがよくなかった。噛み合わせが悪い。もし野田内閣から政権奪取したときの総理だったら、と思ってしまう。

“10年後、現政権で不動の副総理・財務相の座を占める麻生氏は、記者会見でまたも同じ趣旨を語った。もう、信念なのだろう“
あなたの寿命 こう延ばす:日本経済新聞
タイトルがなぁ😅

あなたの寿命 こう延ばす:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

PR