太陽光パネル軽量化、財政で支援 経産省  :日本経済新聞

国際競争が激化する太陽光パネルを巡り、経済産業省は軽量で電気自動車(EV)やドローンにも搭載できる次世代型の開発の財政措置を使った支援に乗り出す。従来型の太陽光パネルで中国勢などに圧倒的な差をつけら

ツイッターのコメント(24)

前乙です。

(4237)フジプレアム、ペロブスカイト太陽電池関連😇😇😇
お、いいね。折り曲げても大丈夫な太陽光パネル「ペロブスカイト」。これが普及したら、日本の使われていない「表面積」が太陽光発電の新たな居場所となり、再エネ導入量は大きく伸びるのはもちろん、まちの姿が変わりそうだ。しかし、日本の太陽光パネル生産量少ないな。
経産省が後押しするのは「ペロブスカイト」と呼ばれる特殊な結晶構造を持つ物質を材料に使う次世代太陽光パネル
後押しするのは「ペロブスカイト」と呼ばれる特殊な結晶構造を持つ物質を材料に使う次世代太陽光パネルだ。(中略)
経産省は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と共同で開発に取り組む民間企業を支援する
ペロブスカイト…

 経産省

EVやドローン向け 国際競争で惨敗教訓に
再生エネ賦課金は正直こういう目的につかってほしかった
買取価格40円を時限性にしなかったのは世紀の愚策

太陽光パネルの軽量化支援 EVやドローン向け:日本経済新聞
ペロブスカイトって印刷する様に生産出来る電池でしたっけ。何が商用化・普及のハードルになってるのかな。コストとか耐用年数とか、行き着くところは経済性だと思いますけど。ビルの壁とかも画期的に思えるけど、平地と比べて日照条件は良くないんですかね。
実用化されればいろいろ期待が高まる技術
そもそも太陽の光がエネルギー変換される仕組み、みんなわかってるの?
■ 経産省


✅経産省が後押しするのは「ペロブスカイト」
✅シリコン製に比べて圧倒的に軽く、折り曲げられるのが特徴
✅ビルの壁や湾曲した建物の屋上に貼れる
✅対象に合計年30億円を補助

系統容量問題を解消したら次は面積合戦。期待。
 
PR
PR