TOP > 国際 > パレスチナ国家、条件付きで建設容認 米が中東和平案 (写真=AP) :日本経済新聞

パレスチナ国家、条件付きで建設容認 米が中東和平案 (写真=AP) :日本経済新聞

52コメント 登録日時:2020-01-29 03:21 | 日本経済新聞キャッシュ

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は28日、イスラエルとパレスチナの中東和平案を発表した。テロ活動の停止など一定の条件のもとでパレスチナに東エルサレムを含む独立国家の建設を認めるのが柱。東エルサ...

ツイッターのコメント(52)

・双方が帰属を争うエルサレムの扱いを「イスラエルの不可分の首都」と位置づけ、ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地でのイスラエルの主権を認めるなど親イスラエル色が濃い内容
なんだこの条件⁉️パレスチナが飲むわけがない。そもそもネタニヤフなんぞパレスチナに受け入れられるわけがないんだよ。クズだから。そのクズに馬鹿にされた安倍晋三。無双🤣
中東の動きが埋もれておった。
報道の内容が偏りやすい時ほど広く確認しておかなきゃ。
侵略をそそのかすトランプ。ユダヤ人入植地でのイスラエルの主権を認める。
トランプは歴史に残る下衆野郎。
ああ、トランプっぽい内容みたいで、案の定という感じに・・・。/
アメリカがイスラエルに都合の悪い提案はするわけないけど、パレスチナが拒否してとん挫したら、どう出てくるんだろ?
国際社会が認めていないイスラエルの入植地への主権も認めるなど、パレスチナに全面降伏を求めるもの。こんな案を出す米国が中東和平に真剣とはとても思えない。
“一定の条件のもとでパレスチナに独立国家の建設を容認した。ただ、双方が帰属を争うエルサレムの扱いを「イスラエルの不可分の首都」と位置づけ、ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地でのイスラエルの主権を認めるなど…”
ユダヤ教では新約聖書を使わず、これから真のユダヤファーストの救世主が出現するとされているが、それはトランプだったんだね。|
28日のイスラエルのネタニヤフ首相との会談に先立ち、トランプ氏は新和平案を公表しました。パレスチナ側はホワイトハウスに招かれていません。
「パレスチナにとっても最後のチャンスだ」
ってトランプ何様?
イスラエル側から圧力とかかかるんかねぇ?
代わりに「パレスチナ国家」の建設を認め、首都は東エルサレムの周辺部
これで上手くいくかな🤔もし上手くいったら歴史的な快挙だね👍
今後の動向を注視したい。 /
ヨルダン川西岸のイスラエルによる武力での「占領」をそのまま認めよ、という提案をパレスチナ側が認めるとは思えない。国連も反対している占領なのだ。→  パレス
トランプは「win win」の和平案と自賛したらしいが、確かにこれは米国とイスラエルにとっては「win win」なのだろう。
あー、これで国家の要件が揃…ってもないか。
トランプはまず、馬鹿の一つ覚えみたいにウィンウィンだと述べることをやめたほうがいい
むしろ、ゴング。これで納得するわけがなさそう。
現時点の国境線をそのまま認めたら国家容認するし、経済支援もするという内容。
パレスチナからしたら米国はとっくにイスラエル側なので、素直に飲めないだろう。
あと、自治政府にはテロを止める能力もない。ガザでは統治能力を失って久しい。
歴史が動いた…
米国がパレスチナを国家承認したら、日本もそれに続くのでしょうか。
今後の動きに注視していきたいです。
余り関心はないが、後で読もう。
久々に大きな興味をひきつけるニュースです。
「「和平案への単なる反対は、展望なき現状維持を宣言することになる」と明記し、交渉に反対姿勢を示すパレスチナをけん制」牽制どころか脅迫では。よくここまで勝手なことが言えるな。
パレスチナ側がこれで妥協できるのだろうか?
この和平案で合意できるかどうかは分かりません。でも動きつつあるなと感じました。

>
ちょうどパレスチナ問題の英語のニュース読んでたわ。
世紀のディールがいい方向に進めばトランプ再選近づきそう。
>ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地でのイスラエルの主権容認などパレスチナが受け入れにくい内容も含む。
結果を急がず
まずは交渉再開が先決
これ、和平案としても混乱起こすやつですわ。
ウォールストリートジャーナルによるとパレスチナ国家は拒否したそうだね。ほんと、複雑。イスラム、中東を勉強しているが難しい。


🐯は28日、イスラエルとパレスチナの中東和平案を発表。テロ活動の停止等一定の条件のもとでパレスチナに東エルサレムを含む独立国家の建設を認めるのが柱。東エルサレムを将来の首都と位置付けてきたパレスチナに配慮
日本経済新聞》イスラエル寄り決着内容
パレスチナ側が受け入れるかどうか?

アメリカ側「4年間ヨルダン川西岸での入植活動を停止を求めた。…10年間で500億ドル(約5兆4500億円)以上のパレスチナへの投資をめざす経済支援策もまとめている」〉
2020/1/29

28日 トランプ米大統領は とパレスチナの中東和平案発表
パレスチナに東エルサレムを含む国家建設を認める条件
(1)ガザ地区を支配するイスラム原理主義組織ハマスなどによるテロ活動停止
トランプ米大統領は28日イスラエルとパレスチナの中東和平案を発表…テロ活動の停止など一定の条件のもとでパレスチナに東エルサレムを含む独立国家の建設を認めるのが柱…パレスチナ自治政府側は公表前から…拒否する姿勢
ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地でのイスラエルの主権容認は絶対に受け入れられんわ。イスラエルが盗んだも同然の土地だからな。かつてはイスラエルに気の毒な感情を持っとったが今じゃ高慢・高圧的過ぎて好きになれんな。
トランプ氏はとにかく歴史に残るディールを実現したい。米朝も含め、再選されればこの傾向に拍車がかかるでしょう。
日本経済新聞が早速、トランプ政権の新中東和平案の内容を纏めています。
パレスチナ自治政府側は公表前からトランプ政権がまとめた和平案を拒否する姿勢を示しており、先行きは不透明だ
紛争終われ〜!!
アロンの救世主のシナリオ♪
日経の通知が早かった
以上

記事本文: パレスチナ国家、条件付きで建設容認 米が中東和平案 (写真=AP) :日本経済新聞

いま話題の記事