TOP > 政治・経済 > キヤノンが「デジカメ会社」でなくなる日  :日本経済新聞

キヤノンが「デジカメ会社」でなくなる日  :日本経済新聞

29コメント 2020-01-29 04:37  日本経済新聞

キヤノンが29日午後3時に発表する2019年12月期連結決算(米国会計基準)は純利益が10年ぶりの低水準だったようだ。景気悪化の影響は大きいが、本質はデジタルカメラなどの従来の主力事業で稼げなくなった

ツイッターのコメント(29)

デジタルカメラ市場が落ち込みキヤノンの業績が低迷しているそうです。新規事業の医療機器や監視カメラ、商業印刷などの売上は堅調ですが、今後の成長のためには人やモノなど経営資源の使い方も焦点になるようです。
オリンパスと富士フィルムパクって医療機器の会社になれるんですかね
証券部 "「デジカメのキヤノン」を過去のものにできるか。"
この記事を書いた日経の記者はいったい何様のつもりなんだろう。
ちなみにこの記者は別の記事でニコンもディスってる。
ずっとオフィス機器がメインなイメージ
遅かれ早かれ、その日はくるのだろうな。つらみ。
プリンター屋。
ほんとにどうなんってしまうんですかね。カメラでもう一度世間を見返してほしいですね。
やっぱフィルムですよね。
そりゃ富士フィルムだって、ずいぶん前から化学メーカーに変わっているからな。
富士フイルムがフジノンでなくなった日を考えるとあんま危機感ないな。
今日決算発表だね
カメラだけで生き残る事はキツイよなぁ・・・
ワイキヤノンの株主、泣く。でも確かに撮影会でもライブでもキヤノンのカメラはほぼ絶滅した気がする🤔
就活しているときに、カメラ事業部の売上やシェアの高さに驚いた。その時はこんな右下がりになる気配はなかった。
キヤノンって、プリンタもオワコンだし…写真自体がもうダメだ
一眼レフひっくるめてデジカメ事業はぜんぜん儲かってないね。ニコンもそうだけど中華系のどこかに事業売却するのもあり得る。
>キヤノンは純利益が10年ぶりの低水準だったようだ。
>本質はデジタルカメラなどの従来の主力事業で稼げなくなった
>「デジカメのキヤノン」を過去のものにできるか。
同じように、人財系会社が媒体屋さんじゃなくなる日も来る。キャノンの新規事業のブランディングと新たな販路の確保のノウハウは見習いたい。
「カギは、医療機器、監視カメラ、カタログなどの印刷機を手掛ける商業印刷、有機EL製造装置など産業機器の「4本の矢」」
記事の内容よりも、キヤノンの「ヤ」の大きさ、「デジカメ」の商標権の現状などの方が気になってしまうマニアックな私・・・(苦笑)
キャノンのデジカメでの凋落がお大きな痛手。ソニーのミラーレスに負けた。
ニコンも厳しいね。
キヤノンが29日午後3時に発表する2019年12月期連結決算(米国会計基準)は純利益が10年ぶりの低水準だったようだ。景気悪化の影響は大きいが、本質はデジタルカメラなどの従来の主力事業で稼げなくなったことにある。
嘗て憧れの一眼レフカメラといえばニコンでありキヤノンだったが両社共に昔日の面影は失せた。カメラ機能が高度化したスマートフォンの普及が直接的原因だろうが、殿様商売で市場動向に鈍感だったことも災いした。自負が慢心に…。
当然の疑問です。『市場では「本当に数年先に新規事業が既存事業に取って代われるのか」(外資系証券)との不安が根強い』 /
「29日午後3時に発表する2019年12月期連結決算(米国会計基準)は純利益が10年ぶりの低水準だったよう」〉 (会員向け記事)
キヤノンは復活できるのか。カギは、医療機器、監視カメラ、カタログなどの印刷機を手掛ける商業印刷、有機EL製造装置など産業機器の「4本の矢」が握る
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR