TOP > 国際 > WHO事務局長、北京で中国当局と協議 新型肺炎で (写真=ロイター) :日本経済新聞

WHO事務局長、北京で中国当局と協議 新型肺炎で (写真=ロイター) :日本経済新聞

11コメント 登録日時:2020-01-28 03:37 | 日本経済新聞キャッシュ

【ジュネーブ=細川倫太郎】中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎患者が急増していることを受け、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日、北京入りした。中国当局の関係者や専門家と会って最新の...

ツイッターのコメント(11)

2020/1/28 2:57
アジアを管轄するWHO西太平洋地域事務局の葛西健事務局長も27日に北京に着いた。
貴方が行くより、現地に専門のスタッフ派遣したほうがよほど効率的だと思うけど。WHOって実働部隊はいないの?
こりゃ議論に明け暮れてる間にどんどん事態が悪化しそう…
現時点で緊急事態宣言を出してないこと自体、度し難いんだけど…
新型肺炎で

いや、そこまで問題ないみたいな言い方するなら患者と対談して「大丈夫ですか?すぐよくなりますよ」って声かけてる記事でも作ってアピールしろよ
なんで安全な場所から大丈夫ですって言い続けてるん?
チキンなんか?体張れ
組織自体が腐っているからな、トップもそれを容認する無能で余計な問題意識を持たない奴でないといけないわけだ。「国境なき医師団はどうなんだ?」だとか下らないリプは無用。//
賄賂が足りんとお怒りなのかもな~😂
WHO事務局長は、何しに北京まで(日経)

WHOは22~23日の緊急委員会で「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の判断を見送り。WHOは23日「10日後か、必要であれはそれより早く再び会合を開く」と発表している。
ーーその間にも失われつつある日々…。WHOの責任は。
アジアを管轄するWHO西太平洋地域事務局の葛西健・事務局長も北京に

責任重大!

世界保健機関WHOのテドロス事務局長とともに

今後はWHOが一度は見送った「緊急事態宣言」を出すかが焦点で、トップ自ら現地で情報収集を急ぐ

いゃぁ~責任重大!ですよ
終息に向けてガンバレ!
テドロス氏と合流するため、アジアを管轄するWHO西太平洋地域事務局の葛西健事務局長も27日に北京に着いた。WHOによると、テドロス氏は29日に中国を出発する予定だという。
以上

記事本文: WHO事務局長、北京で中国当局と協議 新型肺炎で (写真=ロイター) :日本経済新聞

いま話題の記事