TOP > 政治・経済 > 日本ハムが植物肉、3月から参入 健康志向で需要増  :日本経済新聞

日本ハムが植物肉、3月から参入 健康志向で需要増  :日本経済新聞

135コメント 登録日時:2020-01-14 18:03 | 日本経済新聞キャッシュ

食肉国内最大手の日本ハムが3月、植物性の材料を使う「植物肉」市場に参入する。大豆を主原料にしたハムやソーセージ風の商品を発売する。動物保護や健康志向の高まりといった観点から植物肉の需要は世界で急増し...

ツイッターのコメント(135)

嬉しい !フィッシュベジ続けてるけど身体に合ってるようで調子が良いので(特に肌!!)ヴィーガンに移行しよかな?ってちょっと思ってる「 日本経済新聞」
私の住むカナダでは、ベジタリアン向けに大豆ベースの代替肉が従来から存在し、最近はエンドウ豆ベースの代替肉「ビヨンドミート」が台頭してきました。
欧米の人が、大豆を避け始めたためと思われます。
それなのに日本ハムは今になってソイミート??
ふむ。
食品業界も少しずつ流血に頼らないエシカルなプランを提供している。
今までありがとうという気持ち。
1回は買ってみようかな
日本にもよーやく波がきたか!
安全性と栄養価がOKならソイミートやグルテンミートで選択肢が広がるんだよ。素食(精進中華料理)食べてみると驚くよ。
発想はがんもどきとまったく一緒。
外圧があると対応が早い。「主要な事業基盤を脅かしかねない植物肉事業だが、米国発のブームが急速に広がっているほか、ESGの観点から手掛けざるを得なくなっている」 /
今日、試食で食べてみたけど、思った以上に肉!
人工肉より抵抗なく食べられるので素晴らしい✨
「アルケイナが謎肉、3月から参入 オカルト志向で需要増」
謎肉最王手のアルケイナが3月、食肉市場に参入する。神秘の力への関心の高まりに対応し、「NazoMeat(ナゾミート)」のブランド名で、家庭用と業務用の謎肉を展開する。
いえーい! 「植物肉」商品どんどん出るぜ!
この記事では「動物保護」が書いてあるけど、お昼に見たFNNのニュースでは「健康志向」しか言ってなかった。ちゃんと「動物への道徳的配慮」を言ってくれ。
お肉は何かと毒が蓄積しやすいし、加工肉は発色剤などが気になるし…原材料がよい感じなら大歓迎🐥🌱
植物肉を国外から持ち込む際は検疫に引っ掛からないのだろうか?
ガッツリ売りたいなら健康志向やヴィーガンだけでなく、「植物肉
でしか味わえない美味しさ」を訴えられるかどうかだな。
旨くてコスパがよければ買うかなぁ。まぁ選択肢が増えるのは良いことだけどね。
植物肉という言葉はつよい。人間椅子ぐらい強い。
雑草おいしいです >
食ってみたい
案外参入早いな。食べてみたい。
日本よりも欧州の方がvegan用やグルテンフリー食品が一般のスーパーで当たり前に買えたりするから日本も将来その流れになりそうだよね!頑張れ親会社!(野球ファン目線)
日本ハムが謎肉市場に参入するのか(´ω`)
植物肉。なんか、多肉植物の、肉厚な葉っぱの中身が全部肉になってるエゲツない植物を想像してしまった。
日本ハムは「Naru Meat(ナチュミート)のブランド名で、家庭用と業務用の植物肉を展開。▷
>スイスの金融大手UBSによると、18年に5千億円だった植物肉の世界市場は30年には9兆円を超える見通しだ

参入しない理由がないよね。
大手メーカーでスーパーに並べば一気に認知が広がりそう。
植物肉食べてみたいな。あと虫。
植物肉=健康/太らない、というイメージになっているのか。。このロジックは正しくはないと思う。
ついにトリか!🐔植物肉は市場規模が18年から30年にかけて約20倍の9兆円になるそう鶏唐なー!🐔それより、シャウエッセンのベーコンから真面目への振り幅トリー!🐔日本ハムさんの記事が目につく15日の水曜トリー!🐔
✔日本の食肉メーカーが相次いで「植物肉」に参入
✔18年に5000億円だった植物肉の世界市場が30年には9兆円を超える見通し
✔背景には健康志向の高まりやESGの観点からの要請も

欧州ではベジミートは当たり前に売っていて、使う人も多いので良い傾向なのでは。
3年ぶりの本当の肉だぜ…みたいな世の中になるのかしら
ついに食肉最大手も"植物"肉に参入か。培養肉は勝ち目あるのか。
----------------------
アメリカ発の植物肉と比較すると、やっとという印象。

私が子供の頃、大豆ミートの唐揚げがよく食卓にのぼっていましたが、時代の空気をうまく読むことができたら、日本発の「Beyond Meat」や「Impossible Burger」が世界をリードしていたのではないかと思う今日この頃。
「動物保護や健康志向の高まりといった観点から植物肉の需要は世界で急増し、2030年には9兆円市場になるとの予測」。食いたい。
国内企業も代替肉市場に。
なんか方向性間違ってない?🤔
無添加、無着色出すのが健康思考な気がするんだが?
従来のベジタリアン料理のイメージとは違い、グローバルでかつ産業化が進んでいる点に注目したいと思います。
日本で大手が参入してきたか、一気に手出す企業増えそう -
この分野は、
食材に対する造詣と味覚の観点から、
日本の企業が世界を取れると思うのだけど。
たぶん日ハム製品 買わん〜笑👍
植物肉を成形するために使わるものが気になりますが・
大豆を主原料にしたハムやソーセージ風の商品
とうとう日本でも大手が代替肉の販売を始めるとのこと!少しは世界に追いつくか。
うむぅ、私が勤めていた時はなかった。かなり嬉しい。
ちなみに子会社の鎌倉ハムのハムはバカ美味い!
おはようございます✩.*˚

ダウ↑小幅に続伸

日本ハムが植物肉「ナチュミート」参入、ハムやソーセージ、ハンバーグ…
確かカップヌードルの「謎肉」も大豆肉🥩だったような…

日本のビヨンドミートになれるかな
日本語版の記事

【 健康志向で需要増:日本経済新聞】
肉野菜炒めのようなものに使えるやつを貴ボンヌ(´・ω・`):
#テイラーラボフード
日本でも選択肢が増えてきたーっ!うれしいっ!>
ちゃんとしたビーガンやってくれ☆
NBAでも大人気。
日本でやりゃ食文化にドラスティックな変化を起こせんのに。
しかも、ビーガンは実際に旨い!
変なミシュランよりね☆
ビヨンドミートの株価上昇が話題だけど、日本もこの流れが来るのかな。
植物肉の味次第だけど、牛肉とか豚肉が社会的に食べづらくなる世の中になるのは嫌だな
高い利益が見込める分野 /
今日、日ハムもこの市場に参入するってニュースになってた。
スーパーで買える植物肉のラインナップが徐々に増えてきてる。
植物肉食べてみたいな。BYND買いたい気もするけど、一度も口にしたことも見たこともないからどうしても躊躇しちゃう。
想定より早かった。
これからは、栄養と嗜好で食べ分ける時代が来るものと思ってました。これが、一般化するのは、20年先と思っていたけど、もっと早いのかぁ。。
イギリスで出会った親友やハウスメイトがベジタリアンなので、ちょっと嬉しい😊
その大豆に残留農薬はないのか? どこで作った大豆なのか?
日本でも本格的に植物肉が普及しそうですね。
世界中で健康志向のために、大豆を用いた植物肉の開発が進められている!

一方で、大豆の需要が高まる上人口も増加しているから、後々は世界的な食糧不足が懸念されるかもしれない!!
大豆加工メーカーから植物肉開発のアプローチを探っていたのだが結局食肉メーカーのほうが着手早かったというオチ。
いや、世の中的にはそれで正しいか知らんけどよ。

植物肉

って言われると、なんかビックリせん?
なんか違うモノ想像せん?(それが何かと問われると苦しいがなんか肉食植物的なコワイ感じの想像した、一瞬。)
キネだけ???
安くて美味い、を期待( ・∀・)
これの一体どこが健康的なのか、さっぱりわからん。。
えーーー、輸入の大豆ってこと?
肉が食べたいわけじゃないけど、目に新しいので発売されたら食べてみたいですね。
がんもどきで良くない?
日本ハム 打線が打てぬ たんぱくか
米田アナが伝えた、トップニュース。
大事なのは、味です。
「大豆は畑の豆って呼ばれるくらいタンパク質が豊富なんですよ」
これはいい!ぜひ食べてみたいなぁ😆
健康以外にも、世界的な水資源の保護とか、食糧危機も踏まえた対応だと思います。食べてみようかな。
日ハムの植物性代用肉ブランドが「NatuMeat(ナチュミート)」になるの、植物性=自然=健康の観念連合に訴求したいんだろうけど、"Beyond Meat"や"Impossible Foods"がむしろunnatural性というか人為でやっていく気持ちを前面に出してるのと対照的でおもしろいな。
健康志向、動物配慮に加えて気候変動抑止の観点からも需要が高まっている。ただ植物肉も消費が拡大すればそれはそれで環境負荷を高めると思うのだけど関係するデータ探してみるか
チアキくん食べられるじゃん。
ヒョウ!!!マジで!
なんだか楽しみだなあ。
大豆はあまり食べたくないけど…。
ヒヨコマメとかがよかったな…。
アラッ、遺伝子組み換え大豆とか、さりげなくアメリカから輸入して植物肉の原料にしないか心配ねぇ。
FTAのタイミングとバッチリねぇ。
新商品おそらく低コストという期待と、加工品つまりは混ぜ物で何が入るのかという不安が入り混じります
「日本ハムが植物肉、3月から参入」

ようやく参入か。日本メーカーの得意分野だから国内市場だけでなく世界で先行するBeyond MeatやImpossible Foodsと勝負して欲しい。
お、日本ハムが先手!
あかんサウスパークの高ケツバーガーしか思い出せん
植物肉、美味しいから悪くないと思うよ。
インポッシブル以外食べたことなかった、そういえば。国産も気になる。いいね、この流れ。
早く食べてみたい
ヴィーガンやベジタリアンの皆さんの努力がやっと報われてきたようでうれしい
> UBSによると、18年に5千億円だった植物肉の世界市場が30年には9兆円を超える見通し
日本でも本格的にこの流れ来そうだなぁ
企業は生き残るために、世界のトレンド変化に合わせて、即時に行動しなければならない。たとえ、気が進まなくても。本当に顧客ベースの社会になってきていることを改めて感じる記事だった。日本ハムの20年後の商品ラインナップはどうなっているのか気になる。
植物研究の博士が植物は、悲鳴を挙げる‼️と、発表したばかり‼️  どうかしている‼️企業様ですね⁉️
アメリカの流れがきているようだが、日本で成功するのかな。
こんな飽食の時代に、しかも肉がタンパク質源として見直されている時代に。
おxおxおx、、なんかドキドキするのはなぜ・・・
日本はこの流れ定着するか?
欧米は不健康な食事ばかりやからわかるけど。
ほほう。でたら試食せねばな。
ん?ファイターズ?
と思ったら、本家本元の日本ハムだった。
おにくはナチュラルじゃないのかよ
思ったより早い‥。
日ハムの植物肉は、確かにおいしそうだよなぁ。この人工肉トレンドは月内に一旦まとめたい。🍖🥩🍗
まさにこれ、ビヨンドミートが元になる話だけれども、世界ではビーガンという菜食主義者の方がいて、そういう方々の需要にマッチしている。そしてビーガンの家庭で育った子はビーガンになる可能性は大いにあると思いますので、継続的な需要と需要の拡大が見込まれると思う
お肉を使わない肉のニュースよく聞くようになったなぁ😓

いよいよ近未来感だけど、美味しいのかな...
植物肉って名前が悪いですね!
省エネルックではなくクールビズとして普及したように、オシャレな名前が必要だと思う。
味と価格はどうなのよ。
日本経済新聞》まずは試食してからじゃの!
>>食肉国内最大手の日本ハムが3月、植物性の材料を使う「植物肉」市場に参入する。大豆を主原料にしたハムやソーセージ風の商品を発売する。

ついに人工肉が国内大手から出る
個人的には植物肉よりも培養肉の味が気になる🧐
スポンサー様
植物肉。時代は逆行しているということでしょう。。
「植物肉」……ベジタリアンの私からは歓迎すべきなんだけど、ちょっと複雑な気分。こういうのは添加物がぞよぞよ入ってたり、遺伝子組み換え原料だったり、手放しで喜べないことが多いから。

 健康志向で需要増:日本経済新聞
むむ。食べてみたい。
まああれはあれでうまいもんだけどね
健康志向。添加物モリモリだが?(´・ω・ `)
人類は肉食を捨てるのか?
いろんなものを新規に開発していくのは大変よいことだけども、まったく天然じゃない肉にナチュラルを想像させる言葉を使うのはいかがなものか。
意外とネーミングで売り行き変わりそう、まるでお肉!よりナチュミートの方が売れそう
ハムも肉じゃなくなるのか、、、
今年は植物肉がブレークしそうだね。
ただナチュミートという商品名がヘルシーなイメージこそするけど、なんかイマイチというかあまり美味しそうに感じないんだよね。
おっと、日本でもついに!
どんどん時代は変わる
CESで話題になってたやつだ。
ESGの観点とのことで消費者にとって味覚の趣向と持続可能的な食の選択肢を両立させようとする取り組みの事例が報告されています。
昆虫食なども確か伊藤忠さんが提携するニュースがあるのは興味深いですね。
オイラ大地も植物肉やってよ…
緩めのビーガンを推進するんでしょうに
これ結構上がるのでは?
チャートも良いように見えるし
(; ・`д・´)ゴクリンコ
ごめんなさい。多肉植物と見間違えて、サボテンのステーキを思い浮かべました。
日本でも火がつき始めた...
これもすごいなあ。
これで、食感も味覚もハムなら、すごいな。
"食肉国内最大手の日本ハムが3月、植物性の材料を使う「植物肉」市場に参入する。大豆を主原料にしたハムやソーセージ風の商品を発売する。動物保護や健康志向の高まりといった観点から植物肉の需要は世界で急増し、2030年には9兆円市場になるとの予測もある"
日本では17年に丸大食品が家庭向け商品を投入し、今春、品目数を増やす。伊藤ハムもカツやソーセージなど8品目を2月に発売する予定で、プリマハムも研究開発中だ。
植物肉…?
「NatuMeat(ナチュミート)」のブランド名で、家庭用と業務用の植物肉を展開する。家庭向けに加熱しなくても食べられるハム(希望小売価格は6枚で税別217円)のほか、ソーセージやハンバーグなど5品目を3月に発売する。
以上

記事本文: 日本ハムが植物肉、3月から参入 健康志向で需要増  :日本経済新聞

いま話題の記事