マニラ近郊で火山噴火 当局、数日内の大規模噴火を警告 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【マニラ=遠藤淳】フィリピンの首都マニラ近郊にあるタール火山が12日から断続的に噴火し、降灰による市民生活への影響が広がっている。13日には2万4千人が自治体が設けた避難所などに避難。工場や政府機関

ツイッターのコメント(10)

当局、数日内の大規模噴…(写真=ロイター)
フィリピン火山地震研究所は数日内にも大規模な噴火が起きる可能性があるとして警戒を呼びかけ
マニラの南約60キロに位置するタール火山は12日午後から火山活動が活発となり、水蒸気爆発によるとみられる大規模な噴煙が立ち上った。噴煙は高さ約1万~1万5千メートルに到達
フィリピンのタール火山の噴火、インパクトでかいな。長引きそう。

 当局、数日内の大規模噴火を警告
当局、数日内の大規模噴火を警告: 日本経済新聞
フィリピンの首都マニラ近郊にあるタール火山が噴火しました。航空便の離発着が一時休止したほか、証券取引所も臨時休場しました。東南アジアと日本を結ぶ航空便はマニラ近郊を飛ぶことも多く、大規模な噴火が発生すれば、周辺国の経済活動にも影響を与えかねません。
約1万6000人が避難:日本経済新聞
アマゾンの火災、
今はオーストラリアが大火災。
相次ぐ世界の火山噴火。
地球には結構な小さな塵が舞う。
どうなる?

 フィリピン証券取引所も休場:日本経済新聞
フィリピン証券取引所も休場
フィリピン証券取引所も休場:日本経済新聞
以上
 
PR
PR