TOP > 政治・経済 > 台湾洋上風力、官民後押し メガバンク融資に貿易保険  :日本経済新聞

台湾洋上風力、官民後押し メガバンク融資に貿易保険  :日本経済新聞

18コメント 2020-01-06 18:06  日本経済新聞

台湾で計画中の洋上風力発電プロジェクトを日本の官民が後押しする。3メガバンクは、三菱重工業とデンマークの風力大手ヴェスタスが折半出資するMHIヴェスタスが風車を輸出する契約に融資をする。この一部に政

ツイッターのコメント(18)

台湾洋上風力、官民が後押し メガ銀融資と貿易保険

3メガバンクは、三菱重工業とデンマークの風力大手ヴェスタスが折半出資するMHIヴェスタスが風車を輸出する契約に融資をする。この一部に政府系の日本貿易保険(NEXI)が損失をカバーする貿易保険を引き受ける
洋上風力のメリット
・稼働による低周波騒音をある程度無視できる
・陸地に比べ安定して風が発生するため、稼働率が上昇する
デメリット
・建設費が高くつく(輸送費など)
・腐食等の管理、メンテナンス

浅瀬の多い台湾で建設→日本への技術転用が大まかなストーリーか?
「3メガバンクは三菱重工業とデンマークの風力大手ヴェスタスが折半出資するMHIヴェスタスが風車を輸出する契約に融資。この一部に政府系の日本貿易保険が損失をカバーする貿易保険を引き受ける。洋上風力で先行する台湾を足がかりにしてアジアでの需要を取り込みたい考えだ」
日本でやろうよ、しっかりと。なんで輸出だけ官民一体?↓

「3メガバンクは、三菱重工業とデンマークの風力大手ヴェスタスが折半出資するMHIヴェスタスが風車を輸出する契約に融資をする。この一部に政府系の日本貿易保険(NEXI)が損失をカバーする貿易保険を引き受ける」。
台湾洋上風力、官民が後押し メガ銀融資と貿易保険:日本経済新聞
風力発電は原発より安全で、今後もっと力を入れて頂きたい分野です。三菱重工が米国やアジアに進出するのは、とても好ましいと存じます。
メガバンク融資に貿易保険: 日本経済新聞

なんで日本でやらないの
デンジレンのせい❓❓
再生可能エネルギー、今後伸びていくんだろうな ↓
おー、すすんでますね^_^

“台湾には浅瀬の海に囲まれた洋上風力の適地とされる場所が多い。台湾は25年までに570万キロワットという高い目標を掲げる”

 メガバンク融資に貿易保険: 日本経済新聞
→今更日本メーカーがメジャーなサプライヤーになり得ない風力よりも、今でもメジャーの一角に存在する地熱発電に集中すべきだと思う。
"日本政府は19年6月に「インフラシステム輸出戦略」をとりまとめ、再生可能エネルギーや水素などのインフラを積極的に海外展開していく方針を打ち出した。台湾の洋上風力プロジェクトを官民で支えることで、技術やノウハウの蓄積を狙う。"
これ良いですね^ ^
日本は元々自エネの技術凄いし。
台電の売電契約、台湾$、金利スワップ、送電網整備等課題はあれど、現政権のコミットを背景に世界の投資家が注目する台湾洋上風力。本邦企業が資本参加する事になり、NEXIも支援に乗り出す模様。本邦洋上風力の試金石でもあるので注目してます。

2020-011
この分野で日本の存在感をアピールできる良い機会。

 メガバンク融資に貿易保険  :日本経済新聞
「三菱重工業とデンマークの風力大手ヴェスタスが折半出資…」 >
台湾で計画中の洋上風力発電プロジェクトを日本の官民が後押しする。3メガバンクは、三菱重工業とデンマークの風力大手ヴェスタスが折半出資するMHIヴェスタスが風車を輸出する契約に融資をする。
洋上風力は良く知りませんが風力発電の設置場所のキモは障害物がないところであり洋上ならそれがやりやすいのかなと。移動もできたり?デメはそこに至る電線などとメンテなど?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR