TOP > 社会 > 青函トンネルで「貨物新幹線」 JR北海道が実証へ  :日本経済新聞

青函トンネルで「貨物新幹線」 JR北海道が実証へ  :日本経済新聞

28コメント 2020-01-02 01:21  日本経済新聞

JR北海道が「貨物新幹線」の実現に向け、2020年中にも佐川急便と実証実験に乗り出す。舞台は青函トンネル。東京―札幌間を4時間半で結ぶには、貨物列車と共用するために減速している青函トンネル内のスピー

ツイッターのコメント(28)

おっ!っと思ったら貨物新幹線じゃなくて荷物新幹線だった。
いよいよ と思ったけど
「多めに運送費を払ってでも素早く運んでほしい需要」などなんでもかんでもというわけには いかないのね。
「フェリー移管」や「時間帯区分方式」なども。
スーパーレールカーゴよろしく佐川急便好きよねそういうの
「鮮度の良い魚介類であれば、多めに運送費を払ってでも素早く運んでほしい需要は見込めるとみる」「実証実験は佐川急便側が提案したようだ」冷凍ものに対して優位が示せるかどうかですね。
これは「貨客混載」ということ?
魚介類を運ぶなら、におい対策は必須だけど…。
貨物新幹線ねぇ海鮮運ぶんかの
タコ上げて、イカ上げないで、タコ下げない!
JR北海道の再生計画が始まる。
新青森以北の貨物を新幹線経由で札幌まで走行させれば、新函館北斗~長万部間の在来線を維持する必要がなくなるので、さらにメリットがあると思います
・貨物新幹線はJR北海道の営業エリア、新函館北斗(北斗市)―新青森(青森市)間で実験
・食材選びはこれからだが、函館近郊で水揚げしたイカや鮮魚などを視野
第二青函隧道を掘ればいい。→
貨物新幹線自体が全然力不足だけどこの記事のはそもそも貨物新幹線ですらねーよw
貨客混載なんてある意味毎日やってるだろ(乗客が運ぶ手荷物的な)
イノベーションは必ずしもハイテクのみで起こるものではなく、ローテク分野でこそ世の中を変える力がある
《貨物新幹線は大規模化が難しいとはいえ、現状の打開策の一つにはなりうる》ってw絶対にならないw
貧すれば鈍す、JR北海道にカネの匂いはしないw
 JR北海道と佐川が実証実験へ:日経
日本人って問題解決力が低いんだな。
JR北海道は黙っていても赤字なのだから今あるリソースで攻める事を考えて実行して欲しい。俺なら乗車率低い新幹線より貨物で採算性を取りたいな。
佐川はほんと実証実験好きだなぁ~昔は自社で航空貨物専門会社やったり(コスト高で廃業)東京大阪で高速貨物電車走らせてたり。
第二青函支持派ですが、JR北海道としてやれる事をやられるのは頑張ってください。
Jr北海道が実証へ ふむ。
新幹線は青函トンネルで、すれ違う貨物列車の荷物を落とさないよう減速しています。スピードアップの切り札になるのか注目です。
新幹線小荷物輸送復活か。
積み下ろしの時間でスピードアップ分パーになる金がするんだけど、どうなのかしら?
>貨物新幹線が新幹線のスピードアップにつながる構図はこうだ。青函トンネル内は3本の線路が並行し、両端をJR北海道とJR貨物が使い分けている。
三線????
ようやく実証に手を付けるか。E5と同じ筐体にコンテナを載せること、その他の難易度はいかに... /  JR北海道が実証へ
JR北海道が佐川急便と組んで青函トンネル内で「貨物新幹線」の実証実験に乗り出します。経営再建のためにもトンネル内の高速化は避けて通れません。
JR北海道が実証へ:新函館北斗・新青森間で実験する。函館近郊で水揚げしたイカや鮮魚などを視野に入れている。鮮度の良い魚介類であれば、多めに運送費を払ってでも素早く運んでほしい需要は見込めるとみる。
JR北海道が実証へ:日本経済新聞
≫ すれ違う際に貨物列車の運ぶじゃがいもやたまねぎといった荷物が落下しかねないため、JR北海道は新幹線の最高速度を時速160キロメートルに抑えて走らせている。
玉ねぎ列車は無蓋車か?ウソやろ〜
リニア新幹線の一つの目的は、現新幹線における人員輸送が減った分を貨物輸送させると思っていたけど、JR北海道がまずやってみるようです。新幹線の標準機軸線路幅じゃないと、陸自の戦車が載せられないから、国防の上でも重要。
青函トンネルで「貨物新幹線」、JR北海道が実証へ (日本経済新聞) JR北海道が「貨物新幹線」の実現に向け、2020年中にも佐川急便と実証実験に乗り出す。舞台は
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR