TOP > 政治・経済 > 低温経済、為替動かず 円の対ドル年間値幅が最小  :日本経済新聞

低温経済、為替動かず 円の対ドル年間値幅が最小  :日本経済新聞

日米欧で為替相場が動かなくなっている。2019年の円の対ドルの値幅(高値と安値の差)は24日時点で8円30銭にとどまり、2年連続で過去最小を更新する見通しだ。ユーロとドル、ユーロと円でみても値幅は最...

ツイッターのコメント(12)

2019年、3つの指数が示す日本の

低インフレ
最小通過値幅
日経平均低値幅

主要な指数が動かなくなった。安定性の高さは、裏を返せば経済循環の悪さとも取れる。

世界市況が良ければ、相対的に悪評が立つが、逆シナリオ下では好感される。
為替、今年の教訓は「世界的に物価が上がらなければ 為替はほとんど変動しない」 かな
確かに最近為替動かないなと思ってた。でも経営者にとっては為替リスクが低くて経営しやすい環境?
「円相場、停滞の時代へ」というコラムを書いたのが2年前の2017年。当時は金利差拡大と貿易黒字が綱引きする状態だったが、いまや金利差も貿易収支も均衡する材料なき状態に。為替ディーラーも為替アナリストも受難の時代。
為替って1年で10円ぐらいは、動くので、FXでレバレッジ5倍とか、かけてると、1年で退場になったりしますよ。
動かんからロット増やして死ぬやつな。(´・ω・ `)ボラがデカイときに小ロットで損切りライン設定してるほうがまだ軽傷なんよね
為替の安定それ自体は良いことでしょうが、その裏側に、低インフレ・低金利という「日本化現象」の世界的な広がりがあるとすれば、本質的に良いことなのかという声も日本の当局者内に --  為替動かず 円の対ドル年間値幅、最小の8円30銭:日本経済新聞
日米欧で為替相場が動かなくなっている。2019年の円の対ドルの値幅(高値と安値の差)は24日時点で8円30銭にとどまり、2年連続で過去最小を更新する見通しとのこと。確かに今年は為替動かなかったか。最近の株価の上昇が不気味やね
為替動かず 円の対ドル年間値幅、最小の8円30銭 :朝刊経済面から
為替が動かない最大の理由は世界的に物価が上がらず金利も低いことだ

まもなく、壮大なる三角もちあいが収れんされます
大きく、振れますよ
心配しなくても
低温経済、為替動かず 円の対ドル年間値幅が最小:日本経済新聞
低温経済、為替動かず 円の対ドル年間値幅が最小
以上
 

いま話題のニュース

PR