TOP > 政治・経済 > 景気・防災 膨らむ財政 来年度予算案 歳出102兆円超  :日本経済新聞

景気・防災 膨らむ財政 来年度予算案 歳出102兆円超  :日本経済新聞

政府が20日に閣議決定した2020年度当初予算案の総額は102兆6580億円と過去最大を更新した。19年度に続く100兆円の突破。膨張する社会保障費に加え、景気下支えや災害に備えるためのお金を積んだ...

ツイッターのコメント(15)

予算案100兆超え。
大丈夫か日本。
おはようございます

先週まで、27日が大納会だと思い込んでました( •̥  ̫ •̥ )

☆ … ☆ … ☆ … ☆ …

2020年度予算案、過去最大を更新

水害対策、5G普及、サイバーなどの新領域への防衛対策…
トレンドへのヒントがありそう
_φ(・_・

歳出102兆円超
歳出は19年度より1兆2千億円増えた。消費税率を10%に上げた財源を教育無償化などに充てるため、社会保障費は5.1%増える。
「膨張する社会保障費に加え、景気下支えや災害に備えるためのお金を積んだが、財政規律への意識は乏しい」
公共事業費は0.8%減少、地方交付金は1.1%減少。

あれだけの災害があったのに公共事業費を削るって正気ですか?
補正予算で誤魔化すのではなく、当初予算を継続的に増やさないといけない。
地方創生の掛け声も嘘で、衰退を促進している
政府見解では景気は緩やかに回復してる筈なのに景気対策の怪。人手不足で公共事業は18年度補正予算の執行中なのに積み増し。意味不明のオンパレード。その中で国防費が突出。トランプに貢いでるからね。
日銀は「緩やかに景気回復」と発表しているが、それは戯言。
しっかりと世界の経済状況などを注視し、観察・分析する力を持たないと権力者に騙され痛い目に遭う。
政治と日々の暮らしは直結しいてる。「政治に関心無し」何って事を言ってると、嘘付き安倍政権」に騙される。
ムダかどうかを判断するには市場の需要を知る必要がある。しかし政府の事業はそれを知る手段がない。ゆえにムダはなくならない。/ムダのない「賢い支出」が求められている/景気・防災、膨らむ財政: 日本経済新聞
なら、私立無償化やめてよ。公立でも良い学校あるんだからさ。
歳出増えて歳入届かず(´・ω・)うーん単純にマズいんじゃ
2020年度当初予算案は102兆6580億円と過去最大を更新。国と地方の借金のGDP比は2020年度時点で197%になる見通しらしい。

-
是非はともかく、どこにどう国の金が使われるのかは知っておいた方が良いかもしれません。
中小店舗を対象にしたキャッシュレス決済時のポイント還元策には19年度当初予算に2800億円、補正予算案で1500億円を追加計上したが、20年度予算案はさらに2700億円を充てる。

還元制度が終わる20年6月末までに投じる総額は、18年末時点の見込みよりも約3千億円多い7千億円
来年度政府案 一般歳出102兆6580億円
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR