TOP > 社会 > 「生涯現役」政策で後押し 全世代型社会保障  :日本経済新聞

「生涯現役」政策で後押し 全世代型社会保障  :日本経済新聞

43コメント 2019-12-19 23:08  日本経済新聞

政府は19日にまとめた社会保障改革案で「生涯現役で活躍できる社会」を掲げた。長く働いて、公的年金の受け取りはできるだけ遅らせ、1カ月あたりの年金額が増えるよう政策で後押しする。希望する高齢者には70

ツイッターのコメント(43)

>60歳で定年を迎えた後は70歳まで嘱託などの契約社員として
>私的年金を取り崩して、生活費を
>75歳から公的年金の受け取り

つまり、
長く働けるようにサポートするのが、全世代社会保障?
年金問題のしわよせが、全世代に広がるだけ?

>生涯現役政策 日経
平均余命を考慮すれば堅実なプランだが、将来的には「70歳で安楽死するから年金を割増し前倒し受給したい」などのオプションも設けてほしい。
若い社員に混じって、70歳まで残業ガンガンやりながら働くなんて、私には無理。政府はどんな労働環境を想定してるんだよ…
働け、働け、もっと働け。 ...
私が働き始めた頃、55歳定年の会社もあった。
当時平均年齢76歳くらいだったか。
当時60歳受給の年金制度に不安を覚え個人年金をかけ始めた。
75歳までは受給されるタイプ。
他色々とで生活はなんとかなるだろう。
年取っても働け働け時代が、思っているより早く来るみたい
>解雇規制を緩め、雇用の流動化を進める政策なども必要になる

リストラを増やしたら企業が疲弊するし、より不況になる。リストラに怯えるようになって労働者の消費も減っていく
75歳から公的年金の受け取りを始めれば、1カ月の年金額は基準額から84%多くなり、安心した老後を送ることができるというイメージだ。
>>75歳から受け取る安心老後ってなに?
政府が70歳までの就業を努力義務にする模様。

現状、65歳までは

①定年廃止
②定年延長
③再雇用

が義務づけられているが、今後はさらに

④他企業への再就職支援
⑤起業・フリーランスでの業務委託契約
⑥出資NPOなどへの参加

も想定しているとのこと。
天下りに、ペーパーカンパニーに、なにしてるかわからない特殊法人…うさんくささ大爆発
要するに「年金は払え、ただしもらうな、だから働け」って話で草
職は確保してくれるの?
人生百年!定年70歳!冗談じゃない!70迄働いても年金は75歳から?どうせ貰えても煙草銭?ならばもう年金制度辞めた方がマシ!大体65過ぎて仕事有るかも怪しいし長生きは長寿で目出度いはもう禁句だ!延命措置反対
75歳まで自力で蓄えろと言う事かぁ(´⊙ω⊙`)
同時に少子高齢化に力を注いで欲しい。子供産みにくい理由は収入ですよ。
家賃光熱費保育園費の負担なくして欲しい(←めちゃくちゃ)
小学校のPTAもマジでいらない。

「生涯現役」政策で後押し
「生涯現役」政策で後押し:60歳で定年後、70歳まで働く。退職後5年間は私的年金を取り崩して生活費を補填。75歳からの受給で公的年金の受け取り額を84%増やす。
要するにぼろぼろになる迄働け、年金は当てにするな、こんな計画、国民の事を思えば出来るか💢
何歳まで働かせる気だ。しんどいわ
がますます現実味を帯びてきました。でも、70歳まで実際にどう働けばいいのか? 知識や能力、健康が持つのか? 当方55歳ながら、具体的イメージが全くわきません。不安ばかりです。
周りで自分以外に個人型のイデコやってる率ゼロなんだけどな。
希望する人が70歳までじゃなくて周りに残ってて希望される人にしないと、大きい会社でよくある定年後嘱託になって何してるかわからない人が増えるだけだとねw
そんな働かないよワイ /
>60歳で定年を迎えた後は70歳まで嘱託などの契約社員退職した後の5年間は個人型の確定拠出年金といった私的年金を取り崩して、生活費を補填.75歳から公的年金の受け取りを始めれば、1カ月の年金額は基準額から84%↑安心した老後を送ることができるというイメージだ
60歳で定年を迎えた後は70歳まで嘱託などの契約社員として働く。退職した後の5年間はイデコといった私的年金を取り崩して、生活費を補填する。75歳から公的年金の受け取りを始めれば、1カ月の年金額は基準額から84%多くなり、安心した老後を送ることができるというイメージだ。
「面倒見きれないから死ぬまで働いてよ」政策😗
20年以上も前から少子高齢社会で危ないのはわかりきってたのに問題を先送りしまくりの結果がこれだからね😗
結局アベノミクスは失敗したの。国富が増えることがなかった。企業も成長できなかった。その尻拭きを結局国民に皺寄せする。それが安倍晋三。
まずは企業、そして自分で年金分をカバーしないとやっていけない。
・70歳まで働く(再雇用)
・70~75歳は自助(iDeCoなど)
・75歳以上は年金(年金アップ)

「そもそも組織の活性化や技術革新をけん引できる高齢者がどれだけいるのかという問題もある。」
「生涯現役で活躍できる社会」じゃなくて、「さっさと楽隠居できる社会」にして欲しい。
このまま長期的に高齢者を長く働かせる様に仕向けて、更にイデコなどで私的年金を増やさせて、公的年金を長期的にフェイドアウトさせていく方向なのかな。
はい。「60歳で定年後は70歳まで嘱託など契約社員として働く。退職した後の5年間はイデコなど私的年金を取り崩して生活費を補填する。75歳から公的年金の受け取りを始めれば1カ月の年金額は基準額から84%多くなる」
こうやって普通は書き換えられていくのですね。
70まではたらく。70〜75時は私的年金で食いつなぐ。これ、かなり無理ない?
70まで雇用って言っても、最近45~50代の管理職のリストラが多い
雇用はリスクあるから、むしろ専門性を付けてフリーランス増加するとかその方がいいのかも🤔
体力低下した70歳が深刻な労災起こしたとき責任問われても迷惑なんですけどね。あと、不景気になった時若年層が必ず割を食うので、その時どうなっても知らんぞ。(´・ω・ `)
70歳まで雇用、企業に促す ■ 年金、75歳開始で8割増加 :朝刊経済面から
いつまで働くことになるんかね。
年金75歳開始で8割増 70歳まで雇用機会を提供

現役でいられる時間を長引かせたほうがいいのかは不明だけど。高齢者が働ける社会になるのが良し悪しはあるかもしれないけども。ただ働かないといきていけない
俺らが働くのはほぼ死ぬまでっていうのは確定したな。だから、未来においてはより健康に対する心がけが重要になってくるんだろうな。体が元気じゃないと働けないもの。俺も早寝早起きを心がけよう。
そのうち90歳とか100歳ってなるんか…
詭弁。年金設計は支給期間20年で設計されているので
政府保証は20年.それを超えて期間は自己資金でお願いします、と宣言すれば良い。
政府としては70歳まで働ける環境整備を行うと。
75まで働くのかと思うと辛い。現役退いた後の余生が平均で干支一周分しかないと思うとまた辛い。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR