TOP > 社会 > 養育費不払い見逃さない 兵庫県明石市が立て替え制度  :日本経済新聞

養育費不払い見逃さない 兵庫県明石市が立て替え制度  :日本経済新聞

17コメント 2019-12-13 20:48  日本経済新聞

兵庫県明石市が大胆な発想で「ひとり親家庭」の支援に乗り出している。離婚家庭の多くが養育費の不払いに直面していることから、市が養育費をいったん立て替えて、子どもを手放した親から徴収する制度を2021年

ツイッターのコメント(17)

養育費の立替制度か! →
「早稲田大の棚村政行教授(家族法)は明石市の検討策について「養育費をきちんと払うよう仕向けるのがポイントで、単なる立て替えに終わらない制度設計が求められる」と話す」
養育費不払い見逃さない:日本経済新聞
「「明石から始め、国全体の制度化を期待したい」。泉氏が強調する背景には、ひとり親家庭をめぐる深刻な現状がある。厚生労働省の調査では、児童(18歳未満の未婚者)のいる家庭のうち母子家庭の割合は12年時点で6.8%で、約25年前の2倍。父子家庭は0.8%で1.3倍だ」。
兵庫県明石市、立て替え後に徴収:日本経済新聞

>>〝市が養育費をいったん立て替えて、子どもを手放した親から徴収する制度を2021年にも設ける〟
支払命令に従わず財産隠しなどの悪質性があれば過料を科し、最終的には氏名などの公表も視野に入れる。
「支払う能力がありながら応じなければ支払い命令を出す。命令に従わず財産隠しなどの悪質性があれば行政罰の過料を科し、最終的には子どもの同意を前提に氏名などの公表も視野に入れる」
市が養育費不払いを立て替えておいて本人に求償権を行使する仕組み。弁護士出身の市長のアイデアらしいがこれは画期的。他の市町村も追随するのは間違いない。
これは良い発想だけど無理がある。
そもそも離婚時に養育費をいくら払うとかは公正証書を作らずに口約束の場合が多い。
もちろん口約束でも契約は成立するけど、文書で残ってない約束は言った言わないになるなかでどうやって徴収するつもりなんだろ。
養育費不払い見逃さない:日本経済新聞
泉明石市長の取組みは注目に値する。支援
明石すごいな。

そりゃ人口が増えるわけだ。
明石市はいろいろ頑張っているなあ。

 兵庫県明石市が立て替え制度: 日本経済新聞
「ひとり親家庭は増加傾向にあり、子どもの貧困率は一般家庭よりもかなり高い。社会で支える仕組みが脆弱な現状に警鐘を鳴らす」/【真相深層】養育費不払い見逃さない:日本経済新聞
明石市はLiving in Peaceで訪問して職員さんたちと話したことあるけど、市長以下皆が本気で取り組んでる。全国に広がるといいな。
赤石市の施策にはいつもびっくりしますが、全て大切だなぁと思う。
議論も問題点もあるかもしれないけど、運用して改善していけばいいと思う。

 兵庫県明石市が立て替え制度: 日本経済新聞
法的構成なんかは難しい部分があるかもしれないけど、ぜひ国の制度の手本となるような明石モデルを模索していってほしいわね。
離婚後の養育費不払い対策で、市が立て替えた上で請求する案が浮上。

離婚後の形態は人それぞれ。

この制度を理由に、子どもがどちららと暮らすか決められることがあったら、なんか悲しいな。
自治体が養育費を立て替えて、子どもを手放した親から徴収――。兵庫県明石市が養育費の不払いに直面するひとり親家庭の支援策づくりを進めています。ひとり親家庭を社会で支える狙いです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR