TOP > 国際 > 米中の「戦場」と化す韓国の憂鬱 (写真=共同) :日本経済新聞

米中の「戦場」と化す韓国の憂鬱 (写真=共同) :日本経済新聞

13コメント 2019-12-12 23:34  日本経済新聞

一難去ってまた一難、である。トランプ米政権によって日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の撤回を余儀なくされた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権。今度は中国の習近平(シー・ジンピン)政権か

ツイッターのコメント(13)

米中の「戦場」と化す韓国の憂鬱
編集委員 峯岸博
北朝鮮 米中衝突 朝鮮半島ファイル
2019/12/12 23:00 [有料会員限定]
一難去ってまた一難、である。トランプ米政権によって日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の撤回を余儀なくされた韓国の文在寅
峯岸さんの最後、日本にとって対岸の火事の部分だけは同意しない。対岸の火事。大韓半万年属国の歴史を知っているものとして。

米中の「戦場」と化す韓国の憂鬱: 日本経済新聞
自分らいつも蒸し返してるんだから文句は言えないな
米中の板挟みとなる韓国。ここで日本も新たな制裁措置をとり圧力を高めることで、慰安婦&旧朝鮮半島出身労働者問題に対する韓国政府の対応を引き出すべき。
最後に日本も対岸の火事じゃないとか言ってるが、日本はアメリカ側だからこういうことは対岸の火事でしかない。
米中の「戦場」と化す韓国の憂鬱: 日本経済新聞
韓国が持ち出したGSOMIA破棄の問題は、アメリカからの圧力を招いただけでなく、結果としてGSOMIA破棄を止めたことで、今度は中国からの圧力を招くことになった。う〜ん、やはりこれに手をつけたのは筋悪過ぎる選択だったよなぁ…。
こう言うのを自業自得もしくは自明と言う。
旗幟鮮明で信用されていればこうはならない。
政府はどうすればこれを対岸の火事にしておけるか知ってるさ。
韓国を助けない事だよ、日経新聞さん😛

引用>米中の「戦場」と化す韓国の憂鬱は、日本も決して対岸の火事ではない。
結局100年前に戻ったんだよ。
米国の次は中国からの猛攻に遭う文在寅政権の苦悩を解説しました。要衝の地はいつの時代も変わりません。
米中の「戦場」と化す韓国の憂鬱:日本経済新聞 標的となっているのは、慶尚北道星州に在韓米軍が配備した最新鋭のミサイル迎撃システム、通称THAAD(サード)だ。12月初旬、ソウルを訪れた中国の王毅(ワン・イー)外相が…
米中の「戦場」と化す韓国の憂鬱
米中の「戦場」と化す韓国の憂鬱:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR