EU離脱目指す英保守党、単独過半数うかがう 世論調査 (写真=AP) :日本経済新聞

【ロンドン=中島裕介】12日に投開票日が迫った英国の総選挙は、2020年1月末までの欧州連合(EU)離脱を目指す与党・保守党が単独過半数をうかがう展開となっている。英調査会社ユーガブが4~10日に実

ツイッターのコメント(11)

いよいよ12日がイギリス総選挙の投開票日です。英調査会社 @YouGov が10日発表した最新の議席数予測では、与党・保守党が過半数を制する勢いです。ただ幅を持ってみた推計では過半数割れの可能性はゼロではありません。保守党の議席数の行方は、EU離脱の行方を左右します。
前回17年の総選挙でピタリとハングパーラメントを予測した調査機関ユーガブの最終予測では「保守党単独過半数」。1月末のEU離脱に近づいたといえますが、2週間前の予測よりも与野党の差は詰まっています。
与党・保守党が単独過半数をうかがう展開。単独で過半数を取ると、2020年1月末までにいよいよ欧州連合(EU)離脱することに。ただ前回の教訓としては開票まで結果は読めないということ。また歴史と為替が動く日がやってきそうですね。
写真、楽しそうという感想が先に来てしまった
たとえ与党で単独過半数を取ったとしても、
選挙後に造反や離脱が相次ぎ、まとまらないのがいままでの英国のはず。

>EU離脱目指す英保守党、単独過半数うかがう世論調査 日経
EU離脱目指す英保守党、単独過半数うかがう 世論調査:日本経済新聞
従来手法より精度が高いと注目を集めるイギリスの選挙予測の最新結果が日本時間11日朝公表されました。与党・保守党が単独過半数(326議席)を上回る339議席確保するとの内容です。今度は当たるのでしょうか。
オールドメディアの予想を覆す展開w
英保守党、単独過半数うかがう 英世論調査:日本経済新聞
以上
 
PR
PR