TOP > 社会 > 川重、世界初の水素運搬船を進水 低炭素社会へ切り札  :日本経済新聞

川重、世界初の水素運搬船を進水 低炭素社会へ切り札  :日本経済新聞

12コメント 2019-12-11 12:40  日本経済新聞

川崎重工業は11日、世界初となる液化水素運搬船の進水式を実施した。2020年秋に完成させ、オーストラリアで生産した水素を日本に運ぶ実証を始める。30年度には水素関連市場は4000億円規模に拡大すると

ツイッターのコメント(12)

水素は製造時に二酸化炭素を排出するから意味がないという意見もあるみたいだけど、プラントで一気に回収できる余地があるから無駄だとは思わないのだ。

 低炭素社会へ切り札: 日本経済新聞
低炭素社会へ切り札: 日本経済新聞

濃厚な記事どすえヽ(〃∀〃)ノ
低炭素社会へ切り札
川崎重工業は11日、世界初となる液化水素運搬船の進水式を実施した。2020年秋に完成させ、豪で生産した水素を日本に運ぶ実証を始める。30年度には水素関連市場は4000億円規模に拡大するとみられ、海上輸送は中核を担う。
オーストラリアで採掘した安価な石炭から水素を精製し、日本に輸出する実証プロジェクトに取り組む。そこで欠かせないのが運搬船だ。
液化水素運搬船の海上輸送が始まる。船の好きとしては気になるところか。果たして水素エネルギーは脱炭素の切り札となるのか。
 豪州から輸送: 日本経済新聞
世界のKAWASAKI ガンバレ! 
水素運搬船の進水式を見たかった。  #川崎重工
水素はどう頑張っても二次エネルギーなんだから「低炭素」と言いたいなら木星にでも行って汲んで来い
この船自体の燃料油はどうしてるのかな?当然SOx対応船のはずだけど方式は書いてない。興味あるのになぁ。
豪州から輸送:日本経済新聞

おお、ついに
日本は19年9月に「水素・燃料電池技術開発戦略」をまとめ、水素関連分野では「燃料電池」「水素サプライチェーン」「水分解」の3分野を重点的に開発する方針を掲げた。
水素発電所とかもあるねー。

 豪州から輸送:日本経済新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR