TOP > 国際 > デジタル人民元の発行視野 中国、国内利用を優先  :日本経済新聞

デジタル人民元の発行視野 中国、国内利用を優先  :日本経済新聞

41コメント 登録日時:2019-12-03 00:48 | 日本経済新聞キャッシュ

【北京=原田逸策】中国が主要国では初めてとなるデジタル通貨の発行を視野に入れ始めた。すでに制度設計を終え、地域限定での試験発行の準備を進める。キャッシュレス化が進む中国で現金の流通をさらに減らし、金...

ツイッターのコメント(41)

絶対にバックドア仕込むだろ
It will be must installed backdoor.
中国が主要国では初めてとなるデジタル通貨の発行を視野に入れ始めた。すでに制度設計を終え、地域限定での試験発行の準備を進める。キャッシュレス化が進む中国で現金の流通をさらに減らし、金融機関の負担を軽くする。
@Adachi_O1958 中国がどういう設計をしているのか、興味深いです。
デジタル人民元、大変興味深い。中国のトップダウン推進、技術力、スピード感。もうアメリカはついていけないのでは?
現金よさらば(今後3〜5年)

・中国ではアリペイやウィーチャットペイなど携帯による決済が急速に普及
・銀行振込など企業間決済も含めると、電子化されていない取引は全体の3%に激減
・そんななか「デジタル人民元」が2020年に発行される予測とのこと

デジタル貨幣到来
「  :日本経済新聞」( )を読んだよ
市中銀行を介するのか
中国の広域経済圏構想『一帯一路』に合わせ、関係国との間で人民元の利用を広げる狙いがある、と野村総合研究所の方が指摘されているが、全く同意。
これまでの中華統一は中国大陸のみしか不可能だった。しかしブロックチェーンの登場により、地球規模で中華統一可能になる。
中国→欧米のどこか→日本 のデジタル通貨発行の流れはほぼ決まりではないでしょうか。ここから数年で、民間や国からドル覇権に挑戦する通貨がどんどん出てくる。
中国政府なら当然考えるだろう。記事にある通りデジタル通貨にすると「タンス預金」が無くなる。(今の中国には関係ないだろうが、マイナス金利の深堀がいくらでもできる)
中国が主要国では初めてとなるデジタル通貨の発行を視野に入れ始めた。すでに制度設計を終え、地域限定での試験発行の準備を進める。キャッシュレス化が進む中国で現金の流通をさらに減らし、金融機関の負担を軽くする。
リブラでごちゃごちゃしてる間に、さすがの中国のスピード。
とても理にかなっていると思う。
早っw

『すでに制度設計を終え、地域限定での試験発行の準備を進める』
自国通貨に信用がないからこそ、国発行のデジタル通貨は化けそう。
電子決済を民間任せにせず、人民銀がデジタル通貨を通じて管理していくというのは、国家としては正しい方向だと思う。
「リブラ」の脅威に先手

>海外への現金持ち出しによる資本流出を防ぐ狙い
>このままでは人民元が侵食されかねない

こう見ると、ステーブルコインやCBDCでは無くて、やはり仮想通貨が必要なんだって思い知らされるよね
「フェイスブックが主導するデジタル通貨「リブラ」だ。中国では15~16年にビットコインを通じて資本流出が起きた苦い経験がある。裏付けの通貨があるリブラの破壊力はビットコインよりはるかに大きく、このままでは人民元が侵食されかねない、との懸念がある。」
ロシアもやけど…
すぐに二転三転するからなぁ(^◇^;)
2020年にも発行に踏み切るとの観測が広がる、と。
「デジタル通貨」のイメージが発想力の乏しい私にはわかない。今でも現金でのやり取りは殆ど無いし「お金=データ」の感覚なんだけど。。。
中国が人民元のデジタル化を構想している。少なからず、デジタル化した方が管理統制はしやすそうだ。
Facebookはリブラで経済圏を作ろうとしてると思われるが、こちらは国が自らというのが大きい。国そのものが盤石な経済圏になる。紙幣と比べ不正も少なく、データを抑えることができるので、むしろ紙よりも安全性が高く、適切に管理できるので、国にもプラスだ。
「リブラ」の脅威に先手
中央銀行からの資金を市場に流すのが銀行の役割。それはキャッシュだろうがレスだろうが変わらんってことか
中国共産党の監視下の金に興味はない
こーゆーとこ社会主義の中国は早い。
デジタル人民元のかなり具体的な記事が日経で出た
最初はタダでドルが普及してない国に人民元とシステムをばら撒けばいい
中国、主要国で初:日経 ドルもユーロも関係ないデジタル通貨で世界の主導権を握り支配までできるようになれば、自由主義経済陣営の金融市場などクソ以下でしかない。香港を安心して「1国1制度の強圧支配」ができる?!
これはキャッシュレスのための電子化じゃなくて、銀行がアリペイやウィーチャットペイにやられてるから国で支援しようってことかな?(´・ω・ `)しらんけど
輸出で米国市場に依存しながら虎の尾を踏み続けるとどうなるのか...
中国がどんどんPSYCHO-PASS の世界に近づいているような気がしてワクワクする。
中国、地域限定でデジタル人民元の試験発行を準備。主要国では初めてとなるデジタル通貨の発行を視野に。
"すでに制度設計を終え、地域限定での試験発行の準備を"。
は、早い。。。政策企画、意思決定、実行までが本当に早いな。
桜とか言うてる場合ちゃうで、ほんま。
これもマネタリーベース/マネーサプライなどに含まれるのかな。
ざっと見た感じ銀行が扱い、普通の通貨みたいだな。預金金利とかも付きそう。
後で読もう。
「地域限定での試験発行の準備を進める。キャッシュレス化が進む中国で現金の流通をさらに減らし、金融機関の負担を軽くする」いろいろと想像が膨らみます。
キャッシュレス化が進む中国で現金の流通をさらに減らし、金融機関の負担を軽くする。海外への現金持ち出しによる資本流出を防ぐ狙いもあるとみられる。中長期的には人民元を国際化し、ドル覇権に対抗する思惑も
人民元の「管理強化」と「国際化」。両立するのか?
ドルと完全に競合するために必要なインフラを中国が築き上げるには数十年かかるだろう。国際金融システムにおける米国の支配的存在は敵を締め出すこと可能にするが、現実世界では、ドル依存から離脱するためのステップを着実に踏んでいる。
以上

記事本文: デジタル人民元の発行視野 中国、国内利用を優先  :日本経済新聞