TOP > 政治・経済 > 象牙取引、日本に批判 「中国向け違法輸出の温床」 (写真=AP) :日本経済新聞

象牙取引、日本に批判 「中国向け違法輸出の温床」 (写真=AP) :日本経済新聞

絶滅が危惧されるアフリカゾウの象牙取引を巡り、日本の国内市場が違法な輸出の温床となり、密猟を助長しているとの国際的な批判が高まっている。野生動物の国際取引を規制するワシントン条約の締約国会議ではアフ...

ツイッターのコメント(11)

「中国向け違法輸出の温床」: 日本経済新聞 これは批判されるのも仕方なし
象牙取引に詳しいNPO法人「トラ・ゾウ保護基金」の坂元雅行事務局長は「市場閉鎖以外に根本的な解決策はない」と指摘する。東京五輪・パラリンピック開催時期には訪日客による違法持ち出しの可能性もあり、日本のイメージ悪化を懸念する声もある。
印鑑文化の存在も問題の原因の1つです。
このようなことは無くさなければなりません。
「中国向け違法輸出の温床」:日本経済新聞

絶滅が危惧されるアフリカゾウ
日本国内市場が違法な輸出の温床
密猟を助長しているとの国際的な批判
アフリカ諸国が日本に市場閉鎖を迫った。東京五輪パラリンピックに国外への違法な持ち出しが横行する恐れ
日経🚀
まさにその通り也🚀
象牙国内売買を即時無条件に禁止せよ🚀
徹底厳罰路線で実行すべし🚀
恥を知れ🚀
「国内市場の閉鎖を巡っては環境省は「これまで大きな問題につながっていない」と主張する。」

単に問題を把握できてないだけじゃないのかな、、
象牙取引、日本に批判:日経 鯨といい象牙といい、一般の日本国民が日常生活で関わらず,一生涯にわたって接することのないものに、「ごく一部のわがままな輩ための国を挙げての捕鯨,輸出入で国際批判を受ける」が腹立たしい。
アフリカなど「違法輸出の温床」 政府は反発:夕刊1面から
国内取引を続けるのは日本のほかにドイツやスペインなどに限られる。 via 象牙取引、日本に批判:日本経済新聞
象牙の日本国内市場が違法な輸出の温床となり、密猟を助長しているとの国際的な批判が高まっている。
ワシントン条約の締約国会議でアフリカ諸国が日本に市場閉鎖を迫った。
2020年の東京五輪・パラリンピック時には、国外への違法な持ち出しが横行する恐れも懸念される。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR