TOP > 科学・学問 > ヘリウム不足に研究者悲鳴 価格が倍増、実験中止も  :日本経済新聞

ヘリウム不足に研究者悲鳴 価格が倍増、実験中止も  :日本経済新聞

超電導などの研究に不可欠のヘリウムが供給不足に陥り、研究機関が悲鳴を上げている。2018年度に比べ価格が2倍以上に高騰し予算を圧迫、入手できずに実験を中止する例もある。再利用などで対応を急ぐが、供給...

ツイッターのコメント(28)

価格が倍増、実験中止も:日経新聞


ヘリウムは主に天然ガスと一緒に採取される。日本は100%輸入に頼るが、輸入の6割を依存する米国が供給量を絞ったため、生産量が安定しないカタールからの輸入を増やした。さらに中国の需要も増加した。
こうなったらヘリウムをつくりだすしかないな。w
今まで研究者に対して国が取り続けてきた迫害に鑑みれば、このくらいはもう文科省が率先して解消に努めてもらわにゃ間尺に合わない。
@erinshe_s 研究者が困ってるって記事読みましたねぇ。21年には改善されるとありましたが…
大学内にヘリウム回収装置があったところも。少なくとも、ボイスチェンジャー代わりに使っている場合ではないのは間違いない。
そこは「研究者悲鳴」じゃなくて「ヘリウムの代替原料の開発」だったり「ヘリウムに頼らない研究方法の確立」をすべきじゃね?なんで先人のレールに乗っかって楽しようとしてんだよ。技術革新のいい機会じゃねぇか。そんなことだから日本の研究者がダメ扱いされてんだぜ。
そういえばバルーン、減りましたね。
TDRに行っても前ほど買っている人いない気が。
うちも数年前から買っていない。
くっ…仕方ない、ひとまず飛行船を水素式に切り替えなくては…
まさかの余波。
山内氏が管理する装置は物質の磁気的性質を測定でき、次世代の超高速計算機と期待される量子コンピューターの開発にも使われる。測定に不可欠なヘリウムの価格が、4月から3月末の2倍以上に跳ね上がった
超電導などの研究に不可欠のヘリウムが供給不足に陥り、研究機関が悲鳴を上げている。2018年度に比べ価格が2倍以上に高騰し予算を圧迫、入手できずに実験を中止する例もある。
深刻な問題、言われ始めたのは随分前ですが、国家備蓄の検討はしていない?
資源枯渇が進む、何とかしなければ。
価格が倍増、実験中止も
超電導などの研究に不可欠
米ハイテク企業の研究開発費は1兆円単位だ。
たった100万円を捻出するのに苦労しているようでは、箸にも棒にもかからない。無駄だからやめて良いと思う。言っては悪いがままごとだ。

今すぐ金になること以外にカネは払わない、ってんだから研究開発なんか無理だろ。
全研究が終わったので、この恐怖から逃げられた🎵
来年ヤバそう
ヘリウム輸入依存なのか。
これは氷山の一角に過ぎず、また、原材料の高騰という理由なだけでまだましにさえ見える。日本の研究開発は補助金削減の影響でもはや日々の光熱費さえ十分に賄えるかどうかという惨憺たる状況だ。2000年以降、大学部門研究開発費が減ったのは主要国で日本だけ。今すぐ投資を。
HDDにも使われてるからアメリカからの輸出が渋られるのか。
数年前から問題になってたと思うけど、いい加減なんか解決策見つからんもんかねぇ
「ヘリウム不足が研究者を襲う 価格2倍で実験中止も」 
>日本は100%輸入 / 11年に年間約1300万立方メートルあった輸入量は、18年は7割強まで減 / 主因は、輸入の6割を依存する米国が供給量を絞った / 加えて、代わりに輸入量を増やしたカタールの生産設備の稼働が安定しない
口に入れて遊んでる場合じゃないな。。
ヘリウム不足が研究者を襲う 価格2倍で実験中止も:
ヘリウム不足が研究者を襲う 価格2倍で実験中止も
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR