TOP > 社会 > あなたの活躍、8割的中 AI上司は知っている  :日本経済新聞

あなたの活躍、8割的中 AI上司は知っている  :日本経済新聞

■社員の悩みを表情や声から見抜く■曖昧な経験や勘に頼らない人事や採用に■過度な監視で働き手の生産性低下の恐れ...

ツイッターのコメント(90)

・テクノロジーで働く人を感情面から支援する「トランステック」に注目が集まる。外見から分からない心の動きをデータで示し、社内の交流や仕事の効率化を促す
・感情分析の市場規模は2025年に4100億円と18年の20倍
セプテーニさん、採用にAI使ってたりして、「勘や経験などの曖昧な属人基準に頼らない」採用を行ってるんですよね。
土台があるから今回のアクションが取れるんだなあ。
ぶっちゃけ、面接してやる気を気持ちよく削いでくれる上司より、AI上司のほうが良いと思ってる人は多数いるはず!
日本経済新聞のこの連載を読み終えて思う。
世界は神託で物事を決める時代に戻るのか、と。
占いは統計学であるという主張に一理あるならば、も占いだとも言えるのかもね。 AIを神とするシャーマニズムの復活。
だが、人は生きることにもっといい加減で良いのではないか?
悩みを聞いてもらう相手は家族や友人、職場の先輩というのは過去の話になるかも

表情や声などから個人の内面すら読み取るデータ技術が登場

あなたのことをあなた以上に知り会社では生産性向上、私生活では人生相談に一役買う理解者はキカイになる時、私たちは何を見るのか
この記事は、HSS型HSPの演技をAI面接官に暴かれる可能性をはらんでいる恐怖を感じました。⇒
「  :日本経済新聞」( )を読んだよ
トランステック、感情分析の領域今後伸びていくのかしら。
コールセンターとかは活用の余地ありそうだけど。
顔の表情で評価されるのなら、それを逆手に自信満々なフリしたら良いんじゃないかな…。。
データの世紀 理解者はキカイ(1)「見える化」の代償も:日本経済新聞
ITに脳科学、心理学を組み合わせ、人間をサポートする技術、「トランステック」に注目が集まる。各種データを分析し、モチベーション管理や採用、活用範囲が広がっている。トランステックの中核技術となる「感情分析」の市場規模は25年までに4100億円と18年の20倍になる見通し
評価や差別とか興味本位の詮索などに使われてしまう懸念はありつつ、この記事の例のように問題を解決する形に使われるといいですね。これもHRテックの一形態でしょうか。
人間が人間を判断するときは様々な認知バイアスが働いたりと実際あまり当てにならない気がするのでデータを基にAIに判断してもらった方がいいのかも
人には必ず好き嫌いがある。
人事考課や面接のセカンドオピニオンとして、AIはありだと感じる🤔
これ今日の一面で一番面白かった
常に監視されるのはもちろん嫌だけど、AIを通してマネジメントできるのはとても良い。直接だと言いづらいこともあるから。AIを使ってどんどん生産率を上げてほしい。

ってか、セプテーニのAIを重視した採用、シュビラシステムじゃんって思った笑
ネット広告のセプテーニ・ホールディングスは、採用活動で人工知能(AI)の判断を重視する。学生の考え方や経験を聞くアンケート、初期選考の結果など約100項目から入社後の「活躍可能性」が算出される、と。

本人も採用担当者も、何が評価されたのかわからない?
どんどんAI側にシフトしてしまうのは、仕方ないのだろうか。人だとどうしても騙されてしまう部分があるけど、AIはデータ中立だから、人事部門でチカラを発揮するのはそうだと思う。成長・余力の期待すらもデータ選別になる。
感情を分析する人材評価システムが出て来ています。
データをどう集めて集計して分析するのかが問われており、新たなビジネスチャンスが広がりますね。

ただ、監視のように使われるのであれば猛反発を産むので、ITは運用設計が大事。
AIが上司か! →
今朝の日経朝刊の一面が個人的に衝撃でした。
キャリア支援における相談者の心理的支援はAIに置き換えられないと業界では言われてますが、意外とAIの利活用進みそう。

>
個人的には興味有り。但し、会社が導入するのは反対!!
なんか、もう恐ろしいね

そこまで「知る」必要があるのか?
と疑問

「感じる」ことが出来なくなるヒトが増えてしまい、
人間関係のあたたかさが失せていくのが心配
「管理」は楽ですが、大切なのはモチベーション高くいかに集中できる環境が作れるか?

”中国の携帯工場の協力を得て実験したところ、上司が常に監視できる生産ラインはそうでないラインに比べ生産性が10~15%落ちた”

 AI上司は知っている:日経新聞
感情を読み取ることでさえも人ではなく機械の方が優れている時代になるそうです。就活の面接でも表情や経験等から活躍可能性を機械が判断し採用する時代が来るそうです。
これは!!!怖い!!!
トランステック技術が向上すれば、会社の人事評価などがAIに置き換えられる。

いや、人事評価って対面だからこそ意味があるモノだし、

AIが感情分析して常に人間界に入り込むのは、

なんだか監視されてるみたいで生きにくい世界になりそう

評価されるためにAIに合わせる?
セプテーニさんこんなことやってるのか。知らなかった。
--
新卒採用の100人中、2割はネット面接のみで合否が決まり、4月の入社式で初めて会社に来る人もいる。
面接、コンディション把握、ユーザーテスト、など幅広く利用されていきそうですね。
"米調査会社トラクティカによると、感情分析の市場規模は2025年に4100億円と18年の20倍に膨らむ見通し。"
ついに日経でも取り上げられるようになったか。トランステックという言葉/
AI上司、なんかGIジョーみたいでかっこいい。
♫AIジョーシ!
これの導入運用支援やって見たい
仕事中にエロサイトを覗いている人は気をつけてくださいね
機械に悩み相談はしたいけど
楽天証券の日経テレコンにてこの記事を読んだが、自分も主観的な予想なんて外れることも多々あるので、客観的なデータの方が人を正しく評価できるのはその通りと思う。

しかし、その基準を定めるのは会社
なのだ😫
AIによる感情分析の記事。感情分析に市場は右肩上がりで今後も更なる技術開発が見込まれるとのこと。見た目は普通なのに実はかなりストレス値が高いためアラートを出すと言ったことが可能に。犯罪係数とかも分析できたりするかも。PSYCHO-PASSの世界や
ほぼ何も言ってない記事
ジャッジはAIがやり、
共感と動機付けを面接官がする。

みたいな時代になるのだろうか…
上司はAIの時代はすぐそこ?
『上司が常に監視できる生産ラインはそうでないラインに比べ生産性が10~15%落ちたという。』
脳波…監…視……?東急………不…動……産…?
みんな、自分の活躍を「的中」させて欲しいのか?
「サポート」して「引き上げて」欲しいのか?
AIがどちらの味方になるかが、今後の日本を占うことになりそう。
AIというと機械で無機質に感じられるが、所詮人間の指示なく行動できない。人間の柔軟に発想の主導の元で、連携する事でいかにそれが社員の士気向上に有効なのかを示しつつ、社員の理解を高め実用化させるべき。でなければ、生産性は高まらない。
私はあまり人にのぞき込まれるのは好きじゃない。機械であっても同じ。みんな嬉しいの?反対にそれがよい事と考え、誰に対しても欲望も何も隠せない状態に耐えられるの? この話題をみるとホントに不思議だわー。
もし8割が安定的に出せる割合なら、人よりもよっぽど確率高い。人ができることを考え続けないとね。役割分担が進むのは見えている世界。 /
感情分析、昔で言うウソ発見器だよね。>
世界観がPSYCHO-PASSになってきてる
AI、IoT、5GなどITが進化するほど、人として考えなければならないことが増える。
AIでどうなるのか、というよりもどう向き合うか、どう活用するか、AIに使われないようにするか、に考えを向ける方がいい。
エージェント(人材紹介)もリクルートを中心にAIを使っていて
予めチーム編成にはAIで相性を判断してもらってる。
性格や残業時間等から離職リスクがある人も割り出してる。
マネジメントの在り方も変わりますね。
一番の理解者はキカイ

トランステック
顔の表情を解析して評価

過度な監視は逆効果
もっと見る (残り約40件)
 

いま話題のニュース

PR