米国防総省クラウド、アマゾン受注失敗 Microsoft選定 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【シリコンバレー=佐藤浩実】米国防総省は25日、新たなクラウドサービスの契約を米マイクロソフトと結ぶと発表した。契約額は最大で100億ドル(約1兆円)規模にのぼる見込みだ。米政府機関で最大のクラウド

ツイッターのコメント(89)

トレンドに政府の基盤クラウド

アマゾンが最有力候補とみられていたが受注に失敗した背景について、ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)がオーナーを務める米紙ワシントン・ポストがトランプ氏に批判的な論調を展開しているためとの見方もある。
一方アメリカではマイクロソフトが受注していた
米国防クラウド大型案件、AmazonでなくM…(写真=ロイター)
1兆円w 営業担当も大変だ
ギャアアアアアア
アメリカ国防総省のクラウドサービス(10年契約,約1兆円)の入札に業界1位のアマゾンが敗れ2位のマイクロソフトが契約を勝ち取った。クラウドビジネスが国の公共事業の分野へ成長した事に驚き。時代は進む…
GCPならともかく、Azure の技術的素地がそこまで特別高いとは思えない。政治的要因が左右した面は結構大きいと思う。
おー。トランプさん、ベゾスのこと大嫌いだからなあ
業者選定の入札に大統領が介入するとは…
結構重要なニュースよね。
 
PR
PR