TOP > 社会 > 巨大台風、「堤防神話」崩す (写真=共同) :日本経済新聞

巨大台風、「堤防神話」崩す (写真=共同) :日本経済新聞

66コメント 登録日時:2019-10-14 07:10 | 日本経済新聞キャッシュ

台風19号の記録的な大雨は、全国の延べ140以上の河川で氾濫を引き起こした。国土交通省は堤防整備など水害対策に力を注ぐが、財源にも限りがあることから急速には進まない。今回のように甚大な被害をもたらす...

Twitterのコメント(66)

堤防神話と原発の安全神話は凄く似ている。
堤防を高くして、いざ決壊になると大損害をもたらす。
原発も安全と言っておいて、制御不能となって莫大な損害をもたらした。
また堤防は国の公共事業、原発は電力会社の原発事業。
巨大台風、「堤防神話」崩す「もう堤防には頼れない」 国頼みの防災から転換を
中央大の山田正教授(水文学)は今回氾濫が起きた河川は「いずれも川幅に対し堤防の幅が狭く、構造的に決壊しやすい」と指摘する。「堤防の安全性は高さより幅が決め手。2倍の幅に広げられれば、決壊はおおむね防げるだろう」と話す。
「堤防の安全性は高さより幅が決め手。2倍の幅に広げられれば、決壊はおおむね防げる」「強力な堤防があれば水害が防げるはずという『堤防神話』を見直し、豪雨の時は早めに逃げる」 /
堤防は決壊するから無駄といわんばかりの日経。国家自治体が堤防を築くのを止めたらちょっと大雨が降るたびに氾濫が起きて国が滅びるわ。福祉国家嫌い、公共事業嫌いが過ぎて、こんな暴論を紙面に乗せるようになっちゃったんだね。
時間雨量1000ミリも降れば、どんな堤防も役に立たんわw 逃げるしかない😈
記事「堤防の強さは盛り土の厚さで決まる→スーパー堤防が最強!」
また神話作りに勤しんでるのかな。
自分達は首都圏外郭放水路などの巨大設備に守られていながら、地方の堤防は「無駄」と切り捨てるのか。こんな人達がオピニオンリーダーなのだから、東京一極集中が進んで地方が切り捨てられるのは必然。
スーパー堤防なんてコストもだけど、作れる若い人だって減ってるし、サグラダファミリアみたいにいつできるかもわからず、私達生きてる間に恩恵も受けられない。
なら「逃げるは役に立つ」だ。
まともなシェルター作るとか、民間企業ビルや安全な場所の避難所増やすしかない。
経済活動を守るために費用対効果を意識して、逃げずに死ぬことを選んだ人には死んでもらおうという。
・AWS大障害の真相、冗長構成の「安全神話」崩壊
・原発事故が多発、崩れた安全神話
・国債や預金、「安全資産神話」の崩壊
・トヨタ「改ざん事件」 崩壊したITの安全神話
・スパイ問題で崩壊、米クラウドの安全神話 3兆円超の損失も
・巨大台風、「堤防神話」崩す →New!!
「堤防の安全性は高さより幅が決め手。2倍の幅に広げられれば、決壊はおおむね防げるだろう」
想定を超える雨量に見舞われる昨今、財源が潤沢だとしても絶対に安全ってないと思うんだけど。
堤防神話なんてそもそも無いから全国の自治体でハザードマップ整備して避難計画作ってるんでしょ?この記事の結論も早めの避難を、なんだけどミスリーディングな構成だなぁ /
「巨大台風、「堤防神話」崩す  :日本経済新聞」( )を読んだよ
国土交通省は堤防整備など水害対策に力を注ぐが、財源にも限りがあることから急速には進まない。今回のように甚大な被害をもたらす巨大台風は今後も恒常的に襲来する恐れがあり、専門家は「堤防神話」からの脱却を訴える。
岡山大前野教授が「豪雨の時は早めに逃げるという防災意識の徹底が最も重要だ」と強調と。スーパー堤防は金がかかる。防災専門家は損害と費用を分析してから物を言うものだと思っていた。逃避を持上げた日経の批判精神は何処に?
こんなに自然災害が多くインフラが老朽化してる国で、軍事費にだけはカネを湯水の如くにつぎ込んで挙句の果てに社会保障の財源が無いからと消費税増税して経済を停滞させてる政権とかって、為政者の頭が悪すぎだし、完全に国益に反してるよ。⇒巨大台風、「堤防神話」崩す:
「どんな万万が一にも耐える堤防を作るなんて無理だ」と言うのはこの記事にも書いてある。あなたは最初から不可能な事を要求してるんですよ。
前野教授は「全国各地の堤防を完全に整備するのは財政面から非現実的。強力な堤防があれば水害が防げるはずという『堤防神話』を見直し、豪雨の時は早めに逃げるという防災意識の徹底が最も重要だ」
実家の前の堤防は、大雨が降っては何度も決壊している。残念ながら、対岸のエリアは毎回浸水。
それを知ってるから、大雨の予報が出たらそのエリアの人たちは車を高台にあげるし、避難している。
子供の頃から、大雨になったらどのエリアが沈むか目で見て覚えるんだ。
堤防神話? これまでも決壊し被害に遭っていると言うのに。
同じく防災関連で。防災はソフト面も重要であるが、ハード面の脆さを殊更強調する、あるいは整備や維持への努力を無視し、不幸にして起こった被害を過剰に騒ぎ立てる悪辣さは低劣極まりない
多摩川が過去に決壊したのを知ってる者としては、もともと100%信じてないのだけど。いつも大雨や台風が来ると水位調べるのが習慣になってるw 最近の日経は反堤防だなー。ガンガン作ってくれよ。

うん。神話なんかないよ何寝言いってんの /
犠牲者は今回少ないのだが、地面や財産は逃げられず、避難を徹底するのは遥かに困難であるのをいい加減学ばないとな。 /
いつから堤防は壊れないと錯覚してた? /
ITシステムのセキュリティ設計と一緒で「何か一つの対策をすればよい」ということはない。ダムを強化すれば堤防が、堤防を強化すれば排水が、一番弱いところが壊れる。弱いところから順に対応していくしかない。 /  :日本経済…”
亡くなられた方のご冥福を祈ります。
同時に複数の川で5カ所以上堤防決壊はこれまでなかったはず。今年は温暖化の影響が明確に見えはじめた年として歴史に残ると思う。
扇動的なタイトルは好かんな
徳山ダムに続く八ッ場ダムの貢献。
巨大ダム神話の復活と地下施設神話。
この手の「安全神話」とか「○○神話」は、どれも「なにも知らない馬鹿」が付けた名前。
専門家は絶対そんな事言わない。
馬鹿が勝手に付けて勝手に崩されて勝手に批判してるだけ。
神話好きな人多いなーと感じてる
例として真っ先に挙げられてる千曲川なんて2006年に洪水あったばかりなんですけど、どんな「堤防神話」があったんですか?
この記事はあとで本紙で読もう。/巨大台風、「堤防神話」崩す
「全国各地の堤防を完全に整備するのは財政面から非現実的。強力な堤防があれば水害が防げるはずという『堤防神話』を見直し、豪雨の時は早めに逃げるという防災意識の徹底が最も重要だ」
こんな神話があったんですか? > 強力な堤防があれば水害が防げるはずという『堤防神話』>
金かけるとか神話とかじゃなくて、耐久力の計算方法を根本的に見直しするべき。耐震基準は厳しくなってるけど、堤防とかの計算はどうなってるんだ。誰の仕事?学者?
“民主党政権の事業仕分けで「スーパー無駄遣い堤防」とされ、いったん廃止と判定”またお前らか /
記事をよく読むと、専門家は「日本全体に十分効果の見込める堤防を作ることは財政的に無理」と言っている。
世間に対して堤防自体に効果が無いかのような印象を与え、本当に重要な箇所にまで堤防を作ることを妨げるようなことになればかえって趣旨に背く。
» 巨大台風、「堤防神話」崩す  うむ。
なるほど越水による決壊とみてる。スーパー堤防つくるくらいならハザードマップからの移住促しだわな。でも、地主がハザードマップ公表を邪魔したりするよな。 /
実家あたりの2級河川、子どもの頃はちょくちょくあふれて河岸の家が避難してたけど。川底を掘って岸を公園に整備してから、あふれてない。そういえば。
なんかいろいろわかりやすかったのでシェア。温暖化で異常気象が続いてるのか、、
日本中にスーパー堤防をつくるのか居住区域に制限を設ける土地開発政策に転換するのかそれとも日本近海の海水温を下げるための環境努力をするのか。
別に神話なんか無い。
今回の台風はここ何十年では最大の台風だったわけだ。普通の台風であれば少しくらい大きくても堤防が決壊するようなことにはならなかっただろう。
もう家持つとかバカだよな
「ダム偏重に警鐘を鳴らしている。堤防の整備こそが効果的な治水だ」みたいなやつを見かけたんだけど、ダムわりと頑張ったって話だと思うので、どっちが適切なのか、素人目にはもうぜんぜんわかんないや。 /
こんながっかりの記事はない。むしろ、今回の台風では、ちゃんとした堤防やダムを整備することの重要性は二子玉や八ッ場ダムで証明されている。あきらめちゃいかん。治水は100年単位で考えるべきものだよ。

"@nikkei: 巨大台風、「堤防神話」崩す "
堤防に神話なんて大仰なモン被せるからそこに依存するんやろ。何か一個あれば全て解決するんやったら防災いらんて
決壊多発 崩れた「堤防神話」 : 日本経済新聞/前野教授は「全国各地の堤防を完全に整備するのは財政面から非現実的。強力な堤防があれば水害が防げるはずという『堤防神話』を見直し、豪雨の時は早めに逃げるという防災意識の徹底が最も重要だ」と強調する。
堤防の整備も想定を超えた雨量になれば無力。スーパー堤防も決壊しにくいけど越水は防げない。結局費用対効果を評価して対応するしかありません。
今回の台風災害時のSNSを見ていて顕著だったのが、スーパー堤防に対する大きな幻想。

「スーパー堤防が無かったから」という、原発事故の時以前と全く同じバイアスにかかっている人がかなり多かった。

そしてデマにも関わらず政党叩きの格好の材料に使われる…
事業仕分けのスーパー堤防は地方が対象ではない。調査不足。また、”民主党政権の事業仕分けで「スーパー無駄遣い堤防」とされ、いったん廃止と判定。首都圏の江戸川や多摩川、近畿圏の淀川など都市部に限り復活した経緯がある。”決壊多発 崩れた「堤防神話」:
決壊多発 崩れた「堤防神話」備え強化、財源厳しく 専門家「早めの避難重要に」:総合・経済面から
コンクリートによる力技による堤防強化も必要だが信玄堤のように自然の力をうまく削ぐような工夫も必要だろう >
いろんな「安全神話」はあるかも知らないけど、ほぼ毎年どこかで決壊、越水するような国で「堤防神話」は流石にないのでは?勝手に神話を作るな。
コンパクトシティ、それしかないとまでは言わないが。住んじゃいけない所に安いからと住む。粗悪な土地を悪徳業者が無知に売り、暴利を貪る。さらには、資産価値を下げるなと綺麗な地名を付けたがる。結局は賢い者の勝ち。
「台風19号の記録的な大雨は、全国の延べ140以上の河川で氾濫を引き起こした。国土交通省は堤防整備など水害対策に力を注ぐが、財源にも限りがあり急速には進まない。今回のような巨大台風は今後も恒常的に襲来する恐れがあり、専門家は「堤防神話」からの脱却を訴える」
八ッ場ダムと言い、スーパー堤防と言い、なんか、民主党政権が切り捨てようとした物が今の天災から周囲を守ってるって感じだね。
台風は危険が迫っているのが分かるのだから、危険エリアにいる人は事前に逃げたほうがいい。 ”決壊多発 崩れた「堤防神話」:日本経済新聞”
「前野教授は「全国各地の堤防を完全に整備するのは財政面から非現実的。強力な堤防があれば水害が防げるはずという『堤防神話』を見直し、豪雨の時は早めに逃げるという防災意識の徹底が最も重要だ」と強調する。」
ここにも民主党時代の悪夢が。。。「民主党政権の事業仕分けで「スーパー無駄遣い堤防」とされ、いったん廃止と判定」
以上

記事本文: 巨大台風、「堤防神話」崩す (写真=共同) :日本経済新聞

関連記事